FC2ブログ
子供用自転車
Thu.26.02.2009 Posted in 夢日記
子供用自転車が、家の前の道路に異常な数とめられている。それ全部が道路の端に寄せるでもなくまん真ん中に置かれていたので、
「躾がなっとらん」
と思っていた。
修学旅行
Wed.25.02.2009 Posted in 夢日記
修学旅行中の夢。
泊まっている部屋の中に普通に洋式便器がある。部屋ひとつひとつにあった気がする。窓からの景色が凄くキレイだった。
また別の場所へ移動するのに船に乗ることになるのだが、全員が乗る前に出航してしまう。乗れなかった人たちは、次の観光地の遊園地的な場所へ行けなくなっしまって、また元の宿に泊まるハメになる。わたしもそのひとり。
元の宿で昔の友だちのKさんと同室になるが、そのKさんはすぐいなくなってしまう。
「嫌われて帰ったか?」
と思い、近くにいたタカトシのタカに理由を聞いたら、
「歯の不具合がどうの」
と言われる。入れ歯か矯正器具か、早急に直さなくてはならない不具合が見つかったから帰ってくるように、と歯医者から電話があったらしい。それを聞いてちょっとホッとする。
加山雄三
Tue.24.02.2009 Posted in 夢日記
夢。
加山雄三が原因(加山の運転する車に轢かれてだか)で死ぬと予言される。
加山が車に乗り込むのを見て、必死で回避しようとしていたのを覚えてる。
印鑑
Mon.23.02.2009 Posted in 夢日記
今日は座布団枕で寝たからか?よく夢を見た。

マルチーズっぽい白い犬が、印鑑を飲んではまた吐いていた。

大の犬好きっぽい刑事コロンボが、二匹の黒の柴を気持ち悪いくらいに可愛がっていた。

変質者のような中年男に変質的なことをされそうになるが、父親に助けられる。が、助けたあとの父親もまたおかしくなって、「んーんー」と意味不明な声を発していた。

労働環境が最悪…と誰かに訴えてる人がいる。橋の下の船で何か(商売?)をしてる人らしい。虫やら湧いてそうな川。川には、そこに住む亀がぼんやりと見えている。何匹もの、かなり大きい亀。
二宮くん
Sun.22.02.2009 Posted in 夢日記
確か最初はデカプリオになっている夢。
白いボルゾイ的な犬を見ている。その近辺で煙たがられている野良犬。飼い犬に吠えかかっている。途中でデカプリオから嵐の二宮くんに変わる。その犬に吠えかかられ、空き地に追いやられる私(ニノ)。最初、何度も咬まれそうになったが、その度、気の力で現実ではありえない高さと滞空時間飛んでいた。
でも、その犬を愛をもった眼差しで見続けていたら、最後は撫でられるのを許していた。最後まで、完全には心を許してなかったけど。
クライモリ
Sun.15.02.2009 Posted in 夢日記
夢。
クライモリ(暗い森だったか)と上に字の出ている暗い森へ入る。そこはその近辺で怖ろしいものが出ると恐れられている場所。入ると文字通り何も見えない(薄明かりさえ射さない)。そこにはやはり噂どおりにヘンな生き物がいて(単に狂人のような感じだったが)、その生き物に追っかけられる。
逃げてたどり着いた建物の中で戦う。そこも真っ暗。最初優勢だった(致命傷を与えた感触があった)のに、最後、入り口の上の部分がガラスになっているブティックの、そのガラス部分にへばりつくように宙吊りになって血まみれになって、負ける。わたしからガラス越しにブティックの中が見えていたはずなのに、わたしから飛んだ血がブティックの服にかかっていた。わたしはそのブティックの店長のような感じだった。
ここで夢の中で起きた気がする。場面転換して、
Kが同じ屋根の下に住んでいる。Kの部屋のインテリアは狂人のソレだった。Kの仲間か、手足のない人がいた。それは自分で切ったっぽかった。肩あたりから先がない手に金属の出っ張りを付けて、それ同士をチェーンのようなもので繋げて、そんな異形な自分を楽しんでいる感じだった。

二度寝後の夢。
学校のような場所で掃除。でもいる人たちはみんな大人だった気がする。
そこに、掃除の邪魔になる30代あたりの女がいる。私はその女を悉くいたぶる。何かモタモタして、周りの気持ちに気がつかないタイプ。その女の乗っていた脚立を揺らすと、女が落ちてくる。が、そこはしっかと掴まえ、
「そこまで(人を怪我させるほど)の悪人じゃない」
ようなことを言う。でもやっぱりどこまでもモタついているので腹が立って、最後は往復ビンタを何回もしていた。
野茂英雄
Fri.13.02.2009 Posted in 夢日記
野茂英雄にゾッコンラブされている夢。
ゾウ
Tue.10.02.2009 Posted in 夢日記
夢の中では、日常的にゾウの肉を食べている。その食肉用のゾウがどういう風に扱われているか?が映し出されるのだが、木場で水に丸太を浮かべているああいう感じで、凄い数のゾウがひしめきながら水に浮かんでいる。そのゾウの殆どが、病気のような状態だった。死んでるのも結構いたかもしれない。
ラザニア
Sun.08.02.2009 Posted in 夢日記
枕を前のに変えたら、前のようなクッキリした夢を見た。

オーヴンにラザニアのようなものを入れようとしている。入れる口が、ラザニアがギリギリ入るくらいの大きさしかない。無理から入れて、なんとか入る。温度が2200度だか22000度だかになっていたような気が。それが20分となっていた気が。

下腹から下がない人(わたしだったような気も)が車椅子に乗っている。金を出せば足をくっ付けられるからそうしようとか言っていたのだが、その方法が、第三世界の人の足を貰ってきて付けるというものだったので、やはり後ろめたさを感じていた。が、鬼になって決意していたところ…だったような。

大阪の最寄り駅から東京(の新宿だったか)までの直通の電車が出来たとかで、それに乗って東京を目指す。途中「天下茶屋」で降りて迷っていた。

Kがわたしを恨めしげに見ている。190センチくらいあるK(実際は170手前)。でもそのK、よく見るとかわいくてお肌もツルツルで
「よぉ見るとかわいいやん」
と言うと、急になついてきた。

母がレースカーテンの代わりに外の見えないカーテンを買って来る。
青い汁
Fri.06.02.2009 Posted in 夢日記
今日の夢。
ベランダの床に青い汁が左から右へと流れていってるのを見る。(夢の中の)ベランダがさび付いてきていたのはこのせいか~と思って母親に
「この青い汁が…」
と言ったら、ベランダの下に続いている鉄骨の骨組み(?)みたいなものをチェックし始める。

NEXT PAGE »

topBack to TOP