FC2ブログ

クマ

06 26, 2009 | Posted in 夢日記 | Thema 心と身体 » 夢日記

クマのわたし。人に飼われている感じ。お腹にクマの子がいるのが分かり、物凄い愛しさを感じる。と同時に、
「このまま人に飼われていたら、騙されて子どもを取られる」
という思いが湧き、逃亡を図ろうとする。

陸上の魚

06 25, 2009 | Posted in 夢日記 | Thema 心と身体 » 夢日記

陸上で生きなくては生き残れなかった、その過程で怖ろしいまでのエナジーを身につけ、不死身の体と化した魚。それをわたしが見つけ、可哀想に思っただかして、水槽で飼うことにする。しかし、その不死身の魚、水槽に入れた途端、物凄い勢いで、水槽にいた他の小さい魚たちを食い尽くしてしまった。

ガタガタ

06 22, 2009 | Posted in 夢日記 | Thema 心と身体 » 夢日記

歯がガタガタいってまったく噛み合わさらなかった。寒かったからか恐怖していたからか、ただ噛み合わせが悪かったからなのか、は分からないが(恐怖+噛み合わせだった気がする)。若干シャクレ気味で、上の左側の前歯と下の歯の一部とだけが当たっていた。

ドーナツ屋

06 21, 2009 | Posted in 夢日記 | Thema 心と身体 » 夢日記

ドーナツ屋で働いている。店長が、わたしを信用してくれようとして(わたしはどうしようもないダメ店員というレッテルを貼られている)、わたしにすべてを任せてみる。が、注文をとって伝票を書く(何故か喫茶店のように伝票を書いていた)手がどうにも震え、
「あーもうやっぱりヤダー」
と逃亡する。電車に乗って、ある駅でアナウンスが「この駅ではちゃんと停まらないから注意せよ」というようなことを言う前に降りてしまい、ズルッと足が持ってかれそうになって、踏んだり蹴ったりであった。

おばちゃん

06 17, 2009 | Posted in 夢日記 | Thema 心と身体 » 夢日記

太陽が急になくなって(何かに覆われる感じで)、
「危ない!早く避難して!」
というようなことを誰か(おばちゃんだったか?)に言われる。わたしはほんとに小さな石橋(地上から2メートル足らずの位置にあって、幅も50センチくらい)の下に隠れる。石橋の上にはおばちゃんがいて、危ない!と思う間もなく、雷(らしき衝撃)が、石橋に落ちる。橋はこなごなに崩壊。その瓦礫の中に息をしていないおばちゃんがいる。と、思ったらすぐ息を吹き返した。

トラ

06 13, 2009 | Posted in 夢日記 | Thema 心と身体 » 夢日記

トラにリードをつけて連れている。なだめすかして背中に乗ろうとしたり。

遠心分離機のようなものに血液を入れて、スウィッチを押すと、物凄い轟音とともに、ガタガタ回っていた(壊れそうだった)。

女の子がどこかへ行きたいと泣き喚いている。親たちが「分かった連れて行きますからねー」と言って大仰に大人数でぞろぞろと連れ行くのだが、一周して、また家に戻っていっていた。

RSS
プロフィール

Author:cuur
大阪在住/女/双子座/B型

趣味:
読書/占い/英語/クッキー作り

リンク
アーカイヴ
カテゴリ
検索フォーム
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
訪問者