FC2ブログ

はさみ

10 29, 2010 | Posted in 夢日記 | Thema 心と身体 » 夢日記

わたしの左足土踏まずの内側に、はさみの片っぽの刃が刺さる。血がどっくんどっくん流れていた。

南米コロムビアという文字。コロムビアにいる感じはあったが確信を持てなかったわたしに対し、誰かが紙にこう書く。それでやっと「あ~やっぱり~」と納得していた感じ。

10 28, 2010 | Posted in 夢日記 | Thema 心と身体 » 夢日記

知らないおばさんが、わたしの部屋の窓から出て行こうとしている。わたしの部屋は二階。梯子があるのか?前の木を伝って行くのか?分からないけども、もう1人のおばさんと「じゃあ」みたいな会話をして今にも出て行きそうな感じになっている。窓は少し開いている。
おばさんの犬なのか知らないが、ベージュの毛の大型犬(雑種っぽい)が、おばさんが出て行く気配を感じて、居てもたってもいられないという感じになって、先に窓からぴょーんと前の木に飛び移ってしまう。しかし、無謀に飛び移ったので、枝をなぎ倒しなぎ倒し、物凄い音とともに地面に激突してしまう。家の人たちはみな大騒ぎ。わたしは怖ろしくて窓から犬を見下ろすことも出来ず、ただ傍観していた。

館ひろし

10 26, 2010 | Posted in 夢日記 | Thema 心と身体 » 夢日記

アメリカへ行く。以下は全部アメリカでの話…だったような。

4人くらいで、階段の横に並んでいる店の群のうちのひとつの、ごはん屋さんに入る。凄く狭くて、階段の形状のままの店内(段々になっている)。館ひろしが入ってきて、慣れた感じでフリーズドライっぽく固まったそばに湯をかけて、ワカメ入りそばみたいなのをすすっていた。
わたしが何か注文したら、
「え?それでいいのー」
とナナメ向かいに座っていた堺正章に言われた。

ソントンの黒ごまクリーム

10 24, 2010 | Posted in 食べた&飲んだ



ソントンの黒ごまクリーム。ネ申!
ヘタしたら1カップ全部食べれるかも?やさしい。

ポストマン

10 23, 2010 | Posted in 夢日記 | Thema 心と身体 » 夢日記

郵便配達のお兄さんがバイクの操作を誤り、郵便物を道にぶちまけていた。
別のところでも郵便配達のお兄さんが、水が噴水状に噴出している破裂した水道管を必死で押さえていた。

ゆうひが丘の総理大臣のオープニングとエンディングテーマを小声で歌っていた。

サンド富澤さんが教壇で教師っぽいことをしている。数ヶ月切っていない感じの髪が、妙にワルくてせくすぃー。性格も、見た目に合わせてちょいワルせくすぃー。

小田真規子さんの米粉入りパン

10 23, 2010 | Posted in 作った

oda_rb.jpg

ESSE (エッセ) 2009年 05月号の小田真規子さんの「手作りパン辞典」から米粉入りパン。
これで、ベース、応用編のフランスパン風生地、ブリオッシュ風生地、米粉入り生地と、全部作ったかもしれない(ベースは作ったかどうかハッキリ記憶にない)。
一回も載せてなかったけど、普通に地味にただのパンなので載せなかっただけ。実はこの作り方、一度も失敗していない。今回も主に「また成功かどうか?」確かめる為に作ったのだけど、成功。発酵が一次二次と結構高温(40℃)。フィンガーテストでいつもきっちり穴が残る(他のはしないでも分かるような失敗作が多い)。
ラップを外した直後に撮影したので何だかねっちょりしているが、食感、甘み、すべてにおいてPERFECT!上品。米が入ると全般的に上品になる気がする。ごまペーストを塗って食べたのだが、何もいらない旨み。
どの作りかたが一番いいか?模索中なのだけど、これで小田さんが益々有力。というか単に相性?

米粉入りはトーストしないほうがいい。米は水分を含んでモチモチしてるほうがよくて、小麦粉は焦がしたら焦がした旨みが出る…という性質?

お米のシフォン

10 16, 2010 | Posted in 作った

天然生活 2009年 05月号 [雑誌]のなかしましほさんのお米のシフォン。
17cm型のレシピを21cm型で作る。
こんなにぺしゃんこ。
nakashima_s.jpg
スコーン、蒸しパン、普通のパン、今まで作った粉モノのなかで一番簡単かも。メレンゲ作りが楽しい。
と思ったら、型の後片付けが大変だった。
出来上がりはこんな感じ。
nakashima_rs.jpg
8等分にしたのを、二つずつくっつけて何となくヴォリュームup。
竹串で取り外したらモロモロ(モロモロ部分は内側)。手外しというワザがあるらしい。
味は…甘~~~いッ!
ともかく甘い。くどい。どちらかというと、わたしの好みではない。でも甘くないシフォンってありなのか?作る過程は楽しかったので、いろいろ試行錯誤したい。難しい、納得いかなかったもののほうが燃える。

トーストしてみた。なかなかイケる。
nakashima_rst.jpg



プチフランス

10 13, 2010 | Posted in 作った

putif.jpg

かんたん手ごねパン―2つの生地だけで人気のパンが全部できた!でプチフランス。
初フランスパンかもしれない。フランスパンっていっても凄く小さいけど。何故か物凄い小ささ(確かメロンパンと同じ粉の量なのに)。フランスパンとはあまり膨らまないものなのか?
上新粉とあったけどないので米粉。真ん中のくぼみは菜ばしでつけたもので、ちゃんとそれっぽく仕上がってる。
物凄く硬い。噛み切りづらい。外カリッ中ふんわりを想像していたんだけど、全部同じ食感。物凄くシンプルな味で、こういうのはこういうので好き。本当にシンプルにただ粉の味。こういうのにこってりピーナッツクリームなんかをつけて食べるのもよい(実際そのために作った)。
定期的にこういうパンも作っていきたい。

追記。
一個目は常温で置いておいたのを翌日そのまま食べたのだが、二個目はtoastして食べたら、理想どおりとまではいかないけど、ちゃんと外カリッ中ふんわりになっていたッ!!いいかも、やっぱりフランスパン。

三つ編み

10 13, 2010 | Posted in 夢日記 | Thema 心と身体 » 夢日記

わたしの背中に何本かの三つ編みが垂れ下がっていた。背中全部が毛むくじゃらというわけじゃなく、直径にして3cmくらいの範囲から長い毛がみっしりと生えているのが2、3箇所あった。今思えば、右に集中していた気がする。

バス

10 11, 2010 | Posted in 夢日記 | Thema 心と身体 » 夢日記

バスで専門学校の実習先へ行こうとしている。でも行き先が分からず、誰かの携帯を借りて誰かに聞く。その専門学校はやはり自分には向いていないんじゃないか?分かっているのになぜ同じ過ちを繰り返すのか?と、そのあまりの愚かしさに、
「バカッ!!」
と大声で自分に怒鳴りたいくらいのもどかしさを感じていた。
でも結局バスを降り、止めた感じになっていた。
バスには、島田紳助が前から二つ目くらいの席に後ろ向きに座っていた。
降りた駅前では、小豆色のジャージを着たブルース・リーっぽい人(かなりゆる~い感じの人)が、大勢の敵(役?)に囲まれ、これから戦おうと(パフォーマンスをしようと?)しているところ。大勢の人だかり。

梅酒蒸しパン

10 08, 2010 | Posted in 作った

umeshu_sb.jpg

蒸しパンの本―ふんわり、しっとり、もっちり、ほかほか。 (マイライフシリーズ 740 特集版)で梅酒蒸しパン。
初米粉蒸しパンなのだが、何か変わったものを作りたくて梅酒in。
梅酒inゆえか、米粉だからか、頭の部分がこんなにかわいく真ん丸く出来たのははじめて。
胃もたれ続きでなかなか食べれなかったが、今日ようやく一口食べれた。
梅酒のニオイがキツかったので想像はしていたが、口に入れた瞬間、
THE 酒
という風味がした。
しかし、そのニオイもすぐ消え、ただ甘くおいしい蒸しパンになって、食道を下りてった。
トータルのレベルとしては一番かも。生地自体のモチモチと味は、相当高級。酒がちょっと多かったから自己主張が強かったのかもしれないけど、もうちょっと少なくすればgood?臭いの好きだし。
米粉を使っていろいろアレンジしたら、相当レベルの高いものが出来るかもしれない。もしかしたら蒸しパンは米粉という法則が、私の中で定着するかもしれない。

物凄く食べたいコレを、そういうときに限って全然食べれない(胃もたれで)。何度もチンしてたら中がカチカチになってきて、でもそのせいでかどんどん酒臭さが薄まってく感じがして、そのせいでか味自体はどんどんイイ感じになってった…気もする。
何かを思い出すと思ったら、酒饅頭の味かもしれない。

パン食人

10 07, 2010 | Posted in 夢日記 | Thema 心と身体 » 夢日記

「パン食人」という文字の入った、パンをおいしそうに食べる白人の女の子のポスター。

あと、劇団ひとりと、堀北真希と、原田芳雄の出てきたひどい夢も。
劇団ひとりが凄い悪いヤツ。原田芳雄が最後にひとりに報復する。最後は列車の中っぽくなっていた。

珍しく高い枕で寝たら、珍しくreal dream見し。

Next Page »

RSS
プロフィール

Author:cuur
大阪在住/女/双子座/B型

趣味:
読書/占い/英語/クッキー作り

リンク
アーカイヴ
カテゴリ
検索フォーム
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
訪問者