FC2ブログ

PRIUS

05 30, 2011 | Posted in 夢日記 | Thema 心と身体 » 夢日記

学校。だけども生徒の年齢層は高い。中年あたりの人が多かったか?夜間学校っぽい。
生徒の雰囲気は庶民的。だけども一人だけ、一番前の席に座っている七三ィ横わけの40代くらいの男性だけ、ちょっとハイソな雰囲気。
先生が
「この中でプリウスに乗っている人はいますか?」
と聞いたのか、先生の「何に乗っていますか?」という質問に、そのィ横わけの人が自分で手を上げ答えたのかは忘れたが、ともかく手を上げてプリウスに乗っていると告白。それを聞いた庶民の我々は
「さすが」「やっぱりねー」というようなことを言っていた。

恐獄部屋?

05 26, 2011 | Posted in 夢日記 | Thema 心と身体 » 夢日記

戦後の昭和のような雰囲気の市場。ある店で、マグロの結構大きな塊が、40円で何かの液体に漬けられて売られている。
「高いわー」
と言いながら、おばさんがポンポーンと、その液体に紙幣(10円札?)を投げ入れて買っていた。
夢は続いている感じだが、何となく駅の中。「恐獄部屋なんとか(漢字はうろ覚え)」みたいな駅名だった。駅近くに、その名前の相撲部屋があるらしかった。
西川きよしがわたしの隣で、何かダジャレを言っていた。

MAXIM CAFE OREO

05 23, 2011 | Posted in 食べた&飲んだ

cafe_oreo.jpg

Maxim Cafe OREOをはじめて飲んだ(カフェオレとかけてるのか?)
純粋にお湯だけで飲んでないので、まだほんとうの味は分からないが、カフェモカ(ミルク:お湯=1:1)にコレを入れたものはとてもおいしかった。
スティックカフェオレ派の母が安いという理由だけで買ってきて、当人も当然おいしいと思っていると思いきや、
「わたしには合わない」
という返答が!えええぇ!!!まるでクッキー的なものを食べながら飲んでいるような香ばしさがあって、どこにもまずい要素なんてないのに。
人って謎。というか、母、好き嫌い多すぎ。わたしがこういうオモロ~要素の高いものが舌に合うだけなのか?

左上のはAlcyonというところのポンムというリンゴ味のクリームの入ったマカロン。いただきもの。
マカロンっていうものは、ほんとうに贅沢。ほぼ卵白の、粉的なものもほぼアーモンドプードルという高い粉だけで作られた、贅沢な一品。皮、脆くはかなく、クリームは超濃厚(だけどもリンゴの酸味でやや食べやすくはなっている)。正直、クリームが甘すぎ濃厚すぎ。けど
「いま自分、贅沢」
という時間を味わえる。さすがはAlcyon。
けれども、ご近所にある、超ローカルなお菓子屋さんのヴァニラマカロンが今までのわたしのマカロンNO.1!
マカロンは大好きで、一度は手作りしてみたいもののひとつだけども、マカロンやダッコワーズ(未食)etc、卵白やたら使いのスウィーツは外で買うべき…というのが今のところのわたしの結論。

真っ赤

05 23, 2011 | Posted in 夢日記 | Thema 心と身体 » 夢日記

ことの成り行きははっきり覚えてないが、中学生くらいのこどもが沢山いる感じの状況で、地面を掘削機のようなもので掘っている。何か、そんな掘削機みたいなものでそこを荒々しく掘っちゃいけないように感じて見ていた。
地面から真っ赤な液体が勢いよく噴出す。それが上戸彩とわたしにだけかかる。二人だけ真っ赤。

クラシック・ショコラ

05 21, 2011 | Posted in 作った

classic.jpg

ちゃんと作れるスイーツからクラシック・ショコラ。
我手作りお菓子史上最強!!
写真を横から撮るというのがいまだ苦手で、これでも何とかマシに写った一枚なのだが、ミッシリ生地が詰まっていて、100%本どおりの仕上がり。殆ど売り物レベル(自己評価)。
見た目どおりの完璧な食感、味。どこにも落ち度なし…というのは、本当にこれがはじめてかもしれない。
出来上った時点ですばらしかったのだが、さらに2日くらい経った状態(写真)のこのクラシック・ショコラの神越えっぷりったら!!!さらに密度を増して、殆どもとのチョコに戻ったようになっていた。
GENIUS??
いや、ほんとに神なんか遥かに越えていた。
この本の辻口さんの説明が懇切丁寧で、なぜそうするか?まで逐一書いていて、それがすごく分かりやすくて、それで理解しながら作れたのがよかったと思う。ケーキのデコレートの仕方を参考にするために借りたのだが、意外にめっけもの。

いくら美味しくても毎日食べると飽きる…ということでコチラのマシュマロアイスクリームに、クラシック・ショコラとアーモンドの砕いたのとココアを混ぜて、ロッキーロード的なアイスを作って食べてみた。…ら!!!
神越えレベル更に遥かに越えレベルに到達。
ナンでしょうか?天才でしょうか?ほんとに。売られているアイスを買うのがバカらしくなってしまった。だってこのアイスを基本にすれば、クッキーアンドクリームや、オレンジ風味やブルーベリー風味なんかお茶の子さいさい。もしかしてわたしの大好きなビエネッタのようなパリパリチョコとバニラの層のアイスさえ簡単に作れてしまうかもしれない…と思うから。スウィーツを手作りし始めてから、ほんとに外で買うのがバカらしくなってしまった。レベルもそう変わらないし(などと言ってみたり)、なんといっても
作る楽しみ、創造する楽しみを、自ら自分から奪うなんて
愚の骨頂

ルマンド

05 16, 2011 | Posted in 食べた&飲んだ



ブルボンルマンドを本当に久々に食べた。懐かしい。49年発売!へ~。

叫ぶ

05 16, 2011 | Posted in 夢日記 | Thema 心と身体 » 夢日記

久々の夢。

うたた寝していて悪夢を見て、
「きゃー」だか「きぇー」だか奇声を発する。ほんとうに振り絞るような声。あまりにひどい声だったので、家族がヘンに思ってないか?心配で、母を捜して
「夢を見てたんよ」
と説明する…というのも夢だったという夢。

リッチカット サワークリームオニオン

05 13, 2011 | Posted in 食べた&飲んだ



リッチカット サワークリームオニオンがおいしかった。サワークリームオニオンっていうタイトルからして奇をてらった味かと思っていたら(コイケヤだし)、普通に万人ウケする味をしていた。

バナナの入ったオーソドックスなケーキ

05 12, 2011 | Posted in 作った

banana_c.jpg

イチからていねいに作るはじめてのケーキ―ホントに作りたい人気のお菓子が、上手にできます! (別冊すてきな奥さん)のいちごのスポンジケーキのいちごをバナナに変えて。
レーズンを入れる気はなかったのだけど、母が大のバナナ嫌いで代わりに
「レーズンでええで」
というのでmilkと少量のラム酒に漬けたraisinを入れた。余ったのでわたしのにもバナナと一緒に入れたのだけど、raisinのが正解。
初(?)whip onlyのクリーム。200ccとあったのでその通り作ったのだけど、その量に驚いて
「こりゃ全部使えないかな?」
と思って、まず最初にサンドする部分にバカほどのせてしまい、この↑ようなことに。真ん中と周りのクリームのバランスがおかしい。だからlast、生地が見えないようにまわりにクリームを塗るのにちょっと苦労。いいんだけど。
初「我ながら美しい」と思えたcake?ほんとうに真っ白で(植物性)。雪のように。スポンジにはこれまた衝動的にたまらずに混ぜ物=黒すりごま。結果、あまり主張はしていなかったけど。
ちゃんと作れるスイーツのデコレートを参考。パレットナイフがないので木のスプーンでサイドはスッスッと下から上へスジを描くように、トップはチョンチョンと叩いて角が出来るように。プロの足元にも及ばないが、わたしにしてはかなりうまくいったほう。
このレシピにtryして初、次のケーキをすぐさま夢想しなかった。大体納得したらしい。

このレシピにはwhipにラム酒を入れるのだけど、かなり好み。
はじめて、スポンジを一日置くということした。単に一気に完成させる気力がなかったからなのだけど。これが正解。これからスポンジを作るときは一日置くことに決定。とにかくしっとり!置いてはじめて、スポンジとして完成されると思った。

レーズントライアングルときなこクリームのケーキ

05 08, 2011 | Posted in 作った

raisint.jpg
kinacr.jpg

だからクッキーが大好き―My favorite cookies (Gakken hit mook)のレーズントライアングルと、また同じレシピのアレンジできなこクリーム&ごまスポンジのケーキを作った。
レーズントライアングルは最高。わたしはクッキー系ではハズレなしかもしれない。そして、ケーキはハズレまくり。ほんとうにケーキづくりは難しい。口には一番合っているけれど。ままならないものにこそ囚われるタイプ?マゾヒスト?
だから、昨日は完成した時点では満足して、
「これでもうスウィーツは卒業か?」
とさえ思っていたんだけど、食べたらスポンジの表面は硬いわ(竹串チェックで何度やっても生地がついてきたので何度も追加焼きをしてしまった)、中に塗ったきなこガナッシュは甘すぎるわ…まだまだ課題山積。
いっぽうクッキーのほうは、コーンスターチ入りゆえにさくさくで、焦げたレーズンがGOOD JOB(オールレーズン的な味)で、凄いMILKYさで…GRATE!

ホワイトチョコクリームのココアスポンジケーキ

05 03, 2011 | Posted in 作った

wcc.jpg

イチからていねいに作るはじめてのケーキ―ホントに作りたい人気のお菓子が、上手にできます! (別冊すてきな奥さん)のココアスポンジケーキをアレンジして、チョコクリームをホワイトチョコで作ってみた。
失敗をふたつ。
ひとつは、レンジのハウツー本に載っていた
「型に入れたあと、荒い気泡を抜くため軽く叩く」
という説明の「軽く」をやってるうちに忘れ、
「どんどん泡が出てくるなー」
とどんどん叩いてたら、こんな↑薄っぺらい生地に焼きあがってしまった。いや、混ぜ方にも問題があったかもしれないけど。でも多分あのバカみたいな叩きすぎが一番の原因。
もうひとつは、上のクリームを塗り始めたときに若干ゆるい気がしたので
「もうちょっと」
と、混ぜてかなり経ったあとで再び混ぜ始めたら、分離してしまった。折角、今回は上等な動物性の生クリームを使ったのに!!
はなから上に削りチョコをのせる予定ではあったけど、図らずも目隠しに使ったような形。削りチョコの下は分離したあとが如実に出て、モロモロブツブツ状態になっている。食感も、ふんわり感には程遠い。
これが、あのボリューミーなココア入れ忘れ初回ケーキと同じ分量?!!!ってことにビックリ。こんなに混ぜ方や気泡の抜き方クリームの混ぜ方でボリュームが変わるとは!!!そのことにビックリ。味は…実は中のサンドしたクリームは自己流アレンジで普通のホイップにしたのだけど、やはり全部をチョコクリームにしたほうがいいと思った。上のクリームをまず全部食べてから下を食べるという邪道を、ふたつ食べてふたつとも繰り返した。だから味は悪くない。スポンジも味は○。これでふわふわもこもこボリューミーなスポンジとクリームだったら120点…だったのに。ちょっとの油断が結果として凄い差に。いやだけど…いやだからこそ
スウィーツづくりオモローッッ!!!
って、またも過去の遺物となった(失礼)オモローが出てしまった…WHY?

RSS
プロフィール

Author:cuur
大阪在住/女/双子座/B型

趣味:
読書/占い/英語/クッキー作り

リンク
アーカイヴ
カテゴリ
検索フォーム
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
訪問者