FC2ブログ

雑穀ミックス入りパン

12 28, 2011 | Posted in 作った

zakkoku_2.jpg

エッセ2008年5月号の手作りパン特集の雑穀ミックス入りパンを再び。
中に何かを入れるパンばかり立て続けに作ったので、そういうのに食傷気味になり、以前おいしかった記憶が強いシンプルなコレを作る。
やはり旨い。かなりモチモチして、雑穀のプチプチ感も面白いパン。同じものを何度も作るタイプではないけど、心の中で定番化。それくらいよい。
今日食べたのはplain。これにバターとはちみつとシナモン。明日はチーズを巻き込んだものを食べるつもり。果たして。

前回は、コーヒーとラムレーズンのチーズケーキというものを作った。美味!!ボトムとチーズ部分が同量というすごいケーキ。本のレシピではボトムはノーマルにグラハムクラッカーで、ノーマルな厚み。実はこれをまたパヴェの土台で作った←これ、大重宝。簡単で、早くて、素朴で。チーズ部分にコーヒーを入れるので、こっちのにも入れ、さらにココアも入れた。これが、今まで食べたこのパヴェの土台の中で一番の出来!
2日ラム酒に漬けていたレーズンが、予想以上の力を発揮。ラムレーズン、恐るべし!!

自分の作るパン&スウィーツに、心底癒されている。
写真は、とろけるチーズを巻いたもの。

チーズの味は◎。チーズなど入れると、何も塗らなくても食べられるから、バター&honeyなど塗るplainパンより味が分かる。クラムはモチモチ、クラストはいい具合にパリッ。
なぜこんなに最近のわたしの作るパンはしっとりいい感じに水分を含んでいるんだろう?昔は、大抵かさついていて、パンとはそんなものだと思っていたのに。
一次を長くしたことか、焼きすぎないようにしているからか。奥深し。

そば粉ぺたんこあんパン

12 21, 2011 | Posted in 作った

soba_p.jpg

「お店みたいなおうちパン」の雑穀ぺたんこごまあんパンの雑穀mixをそば粉に変えて…。
そば粉の酵素がイースト菌の阻害をするとあったので熱湯で十分練ってから入れたのだけど、やはりパンの持つあのネバり感が失われていた。
パンを千切るときのあのネバーッとした感じがほぼない。サクッと千切れる。
一次発酵後の分割の際に既に、妙にサクッと切れる感はあった。
味は…おだんごを食べているみたい。和風なスウィーツ感覚。味自体は素朴で嫌いじゃない。これはこれでスウィーツとしては◎。だがパンとしては…。
ちゃんと発酵して、丸めるときにもあれだけ手にもちもち感を感じたのに。そば粉パワー恐るべし。
今日食べたのはシンプルに粒あん。他にも、ごま&ごま油入りと、クリームチーズ&あんこと、クリームチーズ&honeyを作った。果たして…。

結果…
シンプルに粒あんと、シンプルにクリームチーズ&honeyがおいしかった。混ぜすぎるとよくない。




冒険

12 19, 2011 | Posted in 夢日記 | Thema 心と身体 » 夢日記

母が、登場人物がすべて男性という、ちょっとした冒険モノの映画を観ている。ホーム・アローンの悪役の背の高いほうの人が出ていた。
同じストーリーの女性だけヴァージョンもあって、
「女性だけのほうがまだ可愛くていいけど、やっぱり映画もこの世も、男女がいてこそ…だぁね」
と思っていた。

ほろ甘チョコレートケーキ

12 16, 2011 | Posted in 作った

NO PRINTING!
カメラの不調により。


なかしましほさん「おやつですよ」よりほろ甘チョコレートケーキ。
粉はココアだけという、一見「え?」というレシピ。一瞬、薄力粉を書くのを忘れたか?と思ったけれど、そういうレシピ。
余計なことをしなくてもいいのに、また電子レンジでチンするだけのスポンジ(コーヒー味)を入れる。何か、小麦粉部分がないと落ち着かない。そういうものを欲していることが、段々分かってきた。粉部分&スウィート部分。
結果、
地味ッ!
普通はバターを入れるのかしらん?油分が全部オリーブオイルだったゆえか、コクに欠ける。風味がない。これはこれで素朴で悪くはない、朝食としては寧ろいいのだけど…。でもやはりバターの風味を欲する!オリジナルは菜種油だったかも。それならまた違っていたかも。
脇役のつもりで入れたスポンジは、主役を食い気味なほどの存在感(チョコより若干厚いくらい)。脇役のつもりのスポンジなのに、コーンスターチを1割入れるという、これまた意味不明なことをしたため(膨らむのを分かっているのに)、結構な厚みに。
スポンジが縮んで寸足らずになって、スポンジなしの部分が出来たのだけど、スポンジがあって正解だったかも。
惜しむらくは、スポンジに打つsyrupに酒を入れなかったこと。迷ったがコーヒーだけにした。コーヒーリキュールがあれば確実に入れていたのだけど。
今日、表面全部にラム酒入りsyrup塗りたくる。果たして吉と出るか凶と出るか、まったくの無意味か。

追記(二個目の感想)。
旨い!旨さが倍増している。syrup後塗り作戦は、効を奏した。
ラム酒臭はほぼなかったが、甘みと湿り気は絶妙。かさついたケーキはあとからsyrupを塗ればいいんだ…と学習。



おやつですよ―くり返し作るわたしの定番レシピ集
なかしま しほ
文藝春秋
売り上げランキング: 12172

レジ

12 13, 2011 | Posted in 夢日記 | Thema 心と身体 » 夢日記

スーパーで、ひとつのレジだけ妙に長蛇の列。見るとそこだけレジの人がいなく、順番がきた人はなにやら書いている。
合計を自分で計算して、その計算した紙を(誰かに?)渡すらしい。完全に自己申告なのだが、そのレジを使うと、人件費削減分10%OFFになるらしい。
わたしもそこに並んでいたが、何か買いたくなり列を離れ、アイスを買おうとしたが、店から家まで遠いことを思い出し、やめた。

柚子ロール

12 07, 2011 | Posted in 作った

y_roll.jpg

「休日のお昼は、手作りパンで」のオレンジロールのオレンジピールを柚子ピールに変えて柚子ロール。
本に載っているオレンジロールは殆どピールが写っていなかったので(わたしの写真でもだが)、柚子がほんのり感じるくらいかと思っていたら、物凄い自己主張(粉に対してその半分量ものピールを入れる)。
前回、書く意志の薄弱だったときに作った絶品パン「ゴマ入りマフィン(同じ本より)」の生地のクリーミーさとほぼ同。パンってこんなにクリーミー?と思った。今まで焼きすぎていた?或いは、オーヴンの発酵機能をつけたり切ったりしていつもより長めに一次発酵したからか?ひとつめ食べたときは
「柚子がくどいだけ!」
と思ったけど、今日、バターを塗って食べたら…絶品。バターの変わりにオリーブオイルで作るパンなのだが、やはりわたしにはバターが必要。
マフィンは自家製セルクル(厚紙&オーブンペーパー)で焼いたのだけど、これは自由のーびのびに焼いたので、異様な大きさに。マフィンは、セルクルで縛って焼いたからこその、あのちょうどいい目のつまり具合だったのか?「こっちは縛りがない分粗い?」とひとつめ食べたときは思ったけど、いえいえ二つ目には◎と感じました。でもマフィンのほうが上。わたしには。僅差だが。好き嫌い。母はこっちを好きだと言った。
これにクリームチーズを塗ってもいいでしょう←誰?



休日のお昼は、手づくりパンで
藤田 千秋
文化出版局
売り上げランキング: 180803

アリ

12 04, 2011 | Posted in 夢日記 | Thema 心と身体 » 夢日記

目に蟻が入る。それから生きたままその蟻がまた目から出てくる。

RSS
プロフィール

Author:cuur
大阪在住/女/双子座/B型

趣味:
読書/占い/英語/クッキー作り

リンク
アーカイヴ
カテゴリ
検索フォーム
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
訪問者