FC2ブログ

タモリ

01 29, 2012 | Posted in 夢日記 | Thema 心と身体 » 夢日記

タモリがトイレに行きたいというので、トイレ(外にある)の場所を教え、途中までついていってあげる。
が、そこにはトイレはなく、結局違うトイレ(屋内。地下街ぽい)へ連れて行く。行く途中でコンゴーチタケシ氏に出会う。

ラスト?シナモンロール

01 24, 2012 | Posted in 作った

もうラストにしようと思っている。ほぼ情熱はなくなったので。いやまた再燃するかもしれないが。もう別人になってしまったので。昨晩観た「かもめ食堂」でも小林聡美が「人は変わっていくもの」と言っていたが、ほんとうに。
というわけで、その「かもめ食堂」で小林聡美が作っていたシナモンロールがおいしそうだったので、ラストにそのシナモンロールを作っている。有終の美ではない感じ。情熱がないことを無理やりするとこんな風になるものかと。ゆるゆるで、多分失敗。

というわけで、このブログも閉じようと思っているが、一年くらいは放置するかも。人間どうなるか分らないから。
パンやスウィーツがどう出来上がるか?失敗か否か?出来上がるまでわからないところに惹かれた。いま、自分の急激な変化のほうに興味がある。リアル世界での。つまり「予想外」こそがおもしろいんだな。

いままで見てくださった方(いらっしゃったか分らないけれど)、ありがとう。また会えたらいいですね。また違うブログを作るときにはココでお知らせします。
では!

cr.jpg
有終の美、とはいかなかったけれど、OK。シナモンロールは毎度、期待が大きい割りに感動が少ない。
上のアイシングも水分が多すぎで。

トイレ

01 17, 2012 | Posted in 夢日記 | Thema 心と身体 » 夢日記

とある施設のトイレに入ろうとするが、個室の入り口が激狭で、どうしても入れないでいたら、トイレの床がパカッと開いて、下のトイレから女性が
「こっちなら入れる」
と言ってくれる。

パンダ

01 16, 2012 | Posted in 夢日記 | Thema 心と身体 » 夢日記

少々邪悪なパンダが出てきた。

最近、あれこれモノを考えるようになってきたら、また夢を見始めた。やはり、頭を整理する意味でも夢って見るのかもしれない。

黒豆とさつま芋入りバゲット

01 11, 2012 | Posted in 作った

ある雑誌を立ち読みして「黒豆とさつま芋のバゲット」というものを見て「いい」と思い作った。
母の煮た正月用の黒豆があったし、バゲットを前々から作りたかったけど、「シンプルにバゲットっていうのもなー」と思っていたところだったから。
150gの強力粉に対し、さつま芋を80gくらい入れ、黒豆も結構な量(さつま芋の半分くらい?)混ぜ込んだ。
「多すぎないか?」と思ったが、出来上がりは雑誌で見たのよりも少ないくらいだった。今度は何かを混ぜ込むとき粉と同量くらいにしてみようか?
結構水を入れるのでいつもよりゆるゆる状態で一次へ進んだのだが、いつもより短めの時間で発酵完了し、順調に次へ。
予定時間より7分も早い時点でパンの裏面が濃い茶色になったので、取り出すが、やはりもっと焼くべきだった。切ったときバゲットらしからぬもっちり&水分含んだ感。
でも食べるときにトースターで思い切り焼いたら、表面だけはバゲット。中はそれでもモチモチしていたけど。
でも味は満点。感覚で「ええぃ」と作ったもののほうが、予想以上にいいものが出来上がる…ことが多い。
このところ、中に具や餡を入れて包む系のパンが続いたが、今度は混ぜ込む系が続きそうな予感。

仮面

01 06, 2012 | Posted in 夢日記 | Thema 心と身体 » 夢日記

誰かが、眉から鼻までの、ヴェネチアの仮面のようなものをつけている。
それはサングラスをかけているのに更に左目に眼帯をしている女性の仮面で、わたしはそれを借り、ガラス張りのキャフェでくつろぐ男子学生(二十歳くらい)に向かい、外から夏木マリの如く手招きして妖艶に踊り誘う。
男子学生はすぐさま出てきてわたしの前に来るが、わたしは
「これは仮面で、ちょっとからかっただけですよ」
という感じで仮面を取ってみせて、周りの友人たちと笑っていた。

釣り糸

01 02, 2012 | Posted in 夢日記 | Thema 心と身体 » 夢日記

鳥のクチバシに釣り糸が巻きついている。先には釣り針もついている。

どぶろく飴というどぶろく入りの飴。

RSS
プロフィール

Author:cuur
大阪在住/女/双子座/B型

趣味:
読書/占い/英語/クッキー作り

リンク
アーカイヴ
カテゴリ
検索フォーム
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
訪問者