FC2ブログ

ゆっくり発酵スコーン ラムレーズン&クリームチーズ

03 30, 2012 | Posted in 作った

rc_fc.jpg

「ゆっくり発酵スコーンとざっくりビスコッティ」よりラムレーズンとクリームチーズのスコーン。
というものは本にはないのだけど、ありもので。
少量のイースト菌で5日発酵させるというスコーンのお初。はたして?と思ったら、全然腹割れしないし白いままだったので、12分経過時点で上段へ移動。それから9分半焼いて、計21分半焼いた。
腹割れしないスコーンか。ものすごい目のつまりよう。欠片を味見したらパンっぽい。スプレッドタイプのクリームチーズだったゆえか、生地に完璧に馴染んでしまっている感じ。チーズっぽい酸っぱみを感じた。
はじめての味&食感。期待大。
準強力粉も全粒粉もなかったので、薄力粉:強力粉=2:1くらいにして、バターも足りなかったので足りない10g分だけオイルにして、クリームチーズとラムレーズンは各々30g入れた。

食べた感想。
新しい!!!
またも新しい。このあいだの生クリームだけで作るきなことホワイトチョコのスコーンの新しさに続き。
世の中広し。スコーン道深し。ふらっと入ったこの世界だけども、こんなにわたしを楽しませてくれるとは!!
古めのイースト菌だったからか?これはこういうものなのか、ほぼ層なし。割ると中が若干生焼けっぽい色(湿ったような)。見た目すごくハードそうだが、モロッとすぐ割れる。
一晩漬けたラムレーズンは、ほんのりラム酒を感じた。やはりクリームチーズは生地に完璧に溶け込んでいた。
味はほぼCOOKIE。そういえば水気はごく少量の牛乳のみで、ほぼ油分の湿り気だけでまとめるから、材料的にはほぼCOOKIE。
イースト菌と強力粉入りゆえか?パンっぽさも感じた。
これもスコーンと呼べるのか。いや、全然別ものの何かといったほうがいい気がする。
少量のイースト菌でゆっくり発酵させると粉の旨味を十分味わえると聞いてはいたが、これがそうか!すごくおいしいかったんだけども、あれはバターの風味だけじゃなく粉の旨味もプラスされていたのか。
ペロリッ。
感動しすぎて、すぐさままたこのレシピで作ってしまいました。今度はブラックチョコとアーモンドのアメリカンなスコーン(またオリジナルフィリング)。焼きは木曜。
少量のイースト菌でゆっくり発酵させる高橋さんの他の何かもにわかに作りたくなってきた。



ゆっくり発酵スコーンとざっくりビスコッティゆっくり発酵スコーンとざっくりビスコッティ
(2008/04)
高橋 雅子

商品詳細を見る

明治グリルスライスチーズ

03 30, 2012 | Posted in 食べた&飲んだ

明治グリルスライスチーズがすごくおいしかった。チェダーチーズ。濃い。

明治ふんわりムースソフトクリーミースム~ス

03 30, 2012 | Posted in 食べた&飲んだ

こないだから明治ふんわりムースソフトクリーミースム~スを食べているのだが、今日はじめて普通にパンに塗って食べた。
旨しッッッ!!!
大きな声では言えないが、マーガリンはトランス脂肪酸の塊なので死ぬまで手を出さないつもりでいた。が、TVで「これは生クリーム」と言ったように聞こえて勘違いをして買ってしまって、しょうがなく食べたら久々のマーガリンだったので「うわっ(作り物っぽい)」と思ったが、段々クセになる。
マーガリンとバターはまったくの別もの。むしろパンに塗るにはこっちのほうがよい。マーガリン派が結構いるからマーガリンがこの世からなくならないのか~と。
スコーンにつけたり、味気の薄いヘルシースウィーツにつけたり(意味なし)していたが、パン+マーガリン+メープルシロップはネ申レヴでした。ビックリ。
そういえば、もともとアヤシイ味のほうが好きな人間だったかもしれない。

にんじんスコーン

03 28, 2012 | Posted in 作った

car_sc.jpg

まずマルコメの糀ジャムのスコーンを作ろうと思ったのだが、もうジャムがそんなになかったし、千切りにんじんよりすりおろしたものを入れたかったし、なんとなくオリジナリティを出したかったので、味見をしながらいろいろ変えた。
結果、

スコーン4つ分
糀ジャム 大さじ1 
薄力粉 130g
砂糖 10g
塩 ひとつまみ
オリーブオイル 大さじ2.4
にんじん 65g
レーズン 30g
ヨーグルト 大さじ1
バター 適宜

200度(予熱)10分
180度に下げて10分

粉類を混ぜ、オイルを入れてFPで攪拌。にんじんのすりおろし(軽く絞る)を入れて粉と馴染むよう混ぜ、茹でこぼし粗く刻んだレーズンを入れ混ぜ、ヨーグルトを入れ切り混ぜ、あとは半分に折っては重ねを4回繰り返し、4等分し、焼き、焼きあがったら溶かしバターを表面に塗る。

焼き上がりの欠片をつまんだら、至極シンプルな味だったので、溶かしバターを塗った。

食べた感想。
激しくおいしい!!
以前もオイルだけで作った豆乳スコーンが激しくおいしかった(粉の味を感じるほど繊細な味)記憶があるのだが、たまたまではなかったのか。
これに今売り出し中の「明治ふんわりムースソフトクリーミースム~ス」とメープルシロップをつけながら食べたのだが、何もつけなくても十分なおいしさだった。砂糖の量、レーズンの量、PERFECT。
薄っすらにんじんを感じるような感じないような…ともあれスコーンとしての出来は上等。
いままで何バターに凝り固まっていたのか。次々回はバターとオイルHALF&HALFで作ってみようか。次回のはもう決まっているので(5日間発酵させるスコーンを只今発酵させ中)。

自由軒のカレーポテトチップス

03 27, 2012 | Posted in 食べた&飲んだ

モントワール 大阪・難波 自由軒 名物カレーポテトチップス 50g×12個モントワール 大阪・難波 自由軒 名物カレーポテトチップス 50g×12個
()
モントワール

商品詳細を見る

はじめて聞いた会社、だけども好き。
母は「濃厚であまり食べれない」と言ったけど、メジャーどころの次々手が伸びる軽いポテチよりこっちのほうが好みだ。

ウエディングドレス

03 27, 2012 | Posted in 夢日記 | Thema 心と身体 » 夢日記

ウエディングドレスを借りていて返さねばならなく、時間が迫っていて焦っている。場所はデパート。昇りエレベーターに乗らなければならないのに、なかなか乗れない(来なかったり、満員だったり)。
やっと乗れたと思ったら、エレベーターガールが昇りと言っていたのにどんどん地下へ降りていく。乗っている人たちも怪訝な雰囲気。
降りた地下のフロア(お洒落雑貨などの売っている)に閉じ込められる。たくさんの閉じ込められた人たち。
子どもが泣いていたりする。各人の「トラウマ」を解消するために地下に集められたらしい。誰がしているのか、何故かは不明。100%親切心というのは伝わった。

通販番組で女の人が、物凄い勢いでパイ的なお菓子を食べている。まさにモリモリ食べている様子を見たかったわたしには痛快であった。

クリームチーズとパリパリキャラメルのビスコッティ

03 25, 2012 | Posted in 作った

crc_car_bisc.jpg

「ゆっくり発酵スコーンとざっくりビスコッティ」よりクリームチーズとパリパリキャラメルのビスコッティ。
というビスコッティは本にないのだけど、いきなりオリジナルビスコッティ。
ほどよい硬さ。コリッとしっかりした歯ごたえがあるが、石のようではない。
全粒粉がないので全部薄力粉。ティラミスのビスコッティを参考に、マスカルポーネをクリームチーズに、この本に載っていて気になっていたパリパリキャラメルを混ぜた。
トータルで怖ろしい量の砂糖になったけど(生地自体の砂糖は7割ほどに抑えたが)、全然問題なし。ビスコッティは中にゴロゴロとしたものをいっぱい入れるほうが楽しい。
ほとんどクリームチーズは感じられなかった。だから塗りながら食べた。◎。
入っている小麦粉の量の割りにバクバクいける。危険。スコーンより食べ過ぎる恐れ。
出来上がり直後に味見したときは
「卵くさくてわたしの苦手なタイプか」
と思ったけど、イケる。ビスコッティを再評価。スコーンの間にたまにビスコッティも挟むと楽しいかもしれない。


ゆっくり発酵スコーンとざっくりビスコッティゆっくり発酵スコーンとざっくりビスコッティ
(2008/04)
高橋 雅子

商品詳細を見る

占い師

03 23, 2012 | Posted in 夢日記 | Thema 心と身体 » 夢日記

占い師に占ってもらっている。わたしの現状がなぜこうなのか?について。
「長く積み重ねられた根深いKARMA。だから一朝一夕にはいかない」
「実はあなたは好きでそれを演じている」
などと言われる。

クリームスコーン

03 23, 2012 | Posted in 作った

crsc.jpg

ニューヨークスタイルのマフィンとスコーン、ビスケットよりクリームスコーン。
足りない生クリームは牛乳で補う。
BPのないことをまた忘れていてまた重曹で代用。今回は本にあるBPの量よりやや少ないくらいにした。粉類をふるい合わせて味見をしたら、とても酸っぱい。やはり重曹はBPの完全な代用にはならないらしい。
この本の油分はどれも相当多い。ビックリな生クリームの量。というか、水分自体が粉に対して多すぎる気がしたが、あまり熱意がなかったので全部ドバッと入れたら、案の定ゆるゆる。なので、スプーンを使って天板へ落とした。
あまり熱意がなかったので寝かせずすぐ焼いた。重曹使いゆえか?見た目も匂いもカルメ焼き。焼きたてはパンそのもの(ふわふわで)。でも冷めるとカルメ焼き(カチカチに)。おいしそうではあるが、やはり所詮強力粉はパンだなと、あらためて思った。混ぜてるときの粘度&焼けていく過程。

食べた感想。
何コレ…カルメ焼き。重曹のすごい自己主張。これがBPだったらどれだけ生クリームを堪能できただろう…と思うと、もったいないことをした。
食べてる間、舌の奥が苦い。確かに母の言うとおり。
「でも食べれないことはない」
と思っていたら、食べた後ずっとそこが苦いままだった。
最近で一番の失敗作!!!おもしろい。
これにマルコメの糀ジャムとクリームチーズを混ぜたのをつけて食べました。

ニューヨークスタイルのマフィンとスコーン、ビスケットニューヨークスタイルのマフィンとスコーン、ビスケット
(2010/11)
平野 顕子

商品詳細を見る

ロイヤル ミルクティーラテ

03 22, 2012 | Posted in 食べた&飲んだ



市販されているロイヤルミルクティー(缶入りも含む)の中で、今まででいちばんおいしかった。ネスレはハズレなし。

ピィナンシェ

03 22, 2012 | Posted in 食べ物について



近所のスーパーで九州フェアをやっていて、広告にあったこれを見てちょっと笑った。

モノトーン

03 22, 2012 | Posted in 夢日記 | Thema 心と身体 » 夢日記

適当に鉛筆だかペンで描いた、わたしのモノトーンの絵。下にはその絵に関する?ポエムらしきもの。それを誰かが勝手に新聞社か公募している何かに出したらしく、新聞に載っている。ビックリ。

きなこ&ホワイトチョコのスコーン

03 20, 2012 | Posted in 作った

kinako_wc_s.jpg

たかこさんのクイックブレッド&ケーキ ~蒸しパン・マフィン・スコーン・クッキーetc.粉好きさんのリピートレシピ81~より「きなこ&ホワイトチョコのスコーン」。
他にもいろいろあるのに何故かきなこ入りばかり作ってしまう。
前回のきなこ入りスコーンはあまり…(悪くはないが)だったので、今回もどうか?と思ったが、きなこ云々以前に、今までのわたしのスコーンの概念からかなり外れたスコーンだった。
というのも、バターをまったく入れず、生クリームだけで作るスコーンだから。
しっとりッチ。よりお菓子に近い。スコーンのザクザク感は一切ない。小麦粉が110gしか入ってなくて、それを8等分したのだが(本では20等分!)、1コで十分な重量感。
満足。
バターを生クリームにするだけでこんなに違うものになるとは。
相変わらずホワイトチョコがいい仕事をしている。Wチョコの焦げLOVE。
残りの生クリームでもうひとつ、生クリーム入りスコーンを作るつもり。楽しみ。

母から久々に「おいしい」の言葉をいただきました。

書き忘れていたが、BPがなかったので重曹で代用した。しかもBPの分量よりかなり減らして。
調べていたら、BPはあまり寝かせないほうがいいらしい。知らなかった。最近1時間ほど寝かせていた。重曹は寧ろ寝かせたほうがいいらしい。


たかこさんのクイックブレッド&ケーキ ~蒸しパン・マフィン・スコーン・クッキーetc.粉好きさんのリピートレシピ81~たかこさんのクイックブレッド&ケーキ ~蒸しパン・マフィン・スコーン・クッキーetc.粉好きさんのリピートレシピ81~
(2010/10/27)
稲田 多佳子

商品詳細を見る

ビール入りスコーン

03 18, 2012 | Posted in 作った

beer_s.jpg

スコーン&ホットビスケットの「アイリッシュスコーン」の黒ビールを普通のビールに変えて。
黒ビールのコクを出すために砂糖を黒糖にしてみた。
「ビール スコーン」で検索してもあまり出てこなかったので「ダメか?」と思いつつ作ったが
大正解!!!!!
なぜこれをみんな作らないか。とーっても大人なスコーン。
以前もローズマリーとバナナのケーキの大人な味に感動したけど、人間としては半人前のくせに、味覚は大人らしい。
ビールのスパークリング効果か?本の200℃に逆らって190℃で焼いて全然焼き色がつかなかったので途中で200℃にしてかなり長めに焼いたせいか?割ったらもろもろだったが。外はガチガチ、中はパンっぽい。
「奇をてらいすぎ?」
と思いながら作ったものの方がおもしろい(おいしい)ものに仕上がる。「変わりスコーン」を作りたい熱に益々拍車。


スコーン&ホットビスケットスコーン&ホットビスケット
(2010/11/10)
藤田 千秋

商品詳細を見る

焼きチーズケーキ

03 17, 2012 | Posted in 作った

ycc_n.jpg

おやつですよ―くり返し作るわたしの定番レシピ集より「焼きチーズケーキ」。
左下のぽつぽつは無駄に入れたレーズン。ボトムなしのレシピだけど、8つも作って飽きがきていた酒粕入りスコーンを砕いて溶かしバターを混ぜて敷いた。
チーズをケチってその分ヨーグルトにしたし(2割ほど)、生クリームのところを牛乳にしたし(しかも低脂肪)、砂糖も本の7割ほどに抑えたゆえか、思ったより酸っぱい、レアな感じの強い(十分火は通っているのだが)、とてもあっさりしたケーキに仕上がった。
チーズが少ないゆえか?今まででいちばん真ん中の凹みが少ない。
嫌いじゃない。お腹一杯でも入る軽さ。

下の酒かす入りスコーンの主張が意外に強烈だったみたいで、上だけ食べたら普通においしいチーズケーキだった。けど、上だけ食べてたら段々味気なくなってきて、結局ボトムと一緒に食べた。ボトムの大切さに気付いた。



おやつですよ―くり返し作るわたしの定番レシピ集おやつですよ―くり返し作るわたしの定番レシピ集
(2010/04/22)
なかしま しほ

商品詳細を見る

酒粕入りスコーン

03 15, 2012 | Posted in 作った

sakekasu_s.jpg

スコーン&ホットビスケットより「酒粕入りスコーン」。
チーズ風味と書いている方がたくさんいた。確かにチーズっぽくあるが、わたしはやはり酒粕を感じた。好きな部類の味だけど、もう二度と作らない気がする。それくらい強烈。
藤田さんのスコーンはレモンのスコーンに続いて二つ目。やはり仕上がりが似ている。卵なしのシンプルな材料&高温ゆえか?見た目、カリカリ&層くっきり。
レモン~がさっぱりしていたのでバターを5g増やしてみた。若干こってりしたかも?(酒粕の影響かもしれないが)
酒粕効果か?見た目カリカリだけども、中しっとり。
砂糖も10gほど増やして甘さは十分だったが、メープルシロップをかけると尚おいしい。
端のカリカリ具合はスキだけども、次回はもうちょっと低い温度で焼いてみる。


スコーン&ホットビスケットスコーン&ホットビスケット
(2010/11/10)
藤田 千秋

商品詳細を見る

Next Page »

RSS
プロフィール

Author:cuur
大阪在住/女/双子座/B型

趣味:
読書/占い/英語/クッキー作り

リンク
アーカイヴ
カテゴリ
検索フォーム
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
訪問者