FC2ブログ

マロンクッキー

10 30, 2012 | Posted in 作った

以前おいしかった「絵本からうまれた~」のキャラメルクッキーのキャラメルクリームの部分を牛乳にし、それに栗ペーストを入れて、マロンクッキー。
栗ペーストは、小麦粉100gに対し100g強入れた。はっきりした栗FLAVORをさせたかったから。

ちょっと味見したら、石のように硬かった。硬いのが食べたかったから作ったんだけど、ここまで硬いとは。すき。
栗のFLAVORはあまりしなかったような。
本通りの温度&時間で焼いたのだが、栗ペーストを入れた分火が通りづらかったのかまだ白かったので、190度で3分追加した。けれどまだほんのりキツネ色くらいだったので、更に200度で3分追加…したつもりが!予熱になっていて、かなり焦げた。真っ黒焦げの手前くらい。
漫画みたいなミス。

marron_c.jpg
ヒビ入りだし焼け焦げるし、なんだか不憫な鳥たち。
それを頭からボキッと折って食べると…何の特徴もなかった。おいしくもまずくもないクッキー。何これ?クッキーと栗が、互いの旨みを殺しあっている。
でも朝ごはんにちょいちょいつまむには悪くはない。
石…というほど硬くはない。
母にも強く薦められないし、ゆえに、ひとりで暫くこれを食べ続けなければならない。いや悪くはないけど…。

トースターで焼いたらカリカリ。石に近い。
栗のFLAVORを感じた。わずかに。元々栗自体がハッキリしない味なんだろうな。

5日目。
イモタレが続いてまともに食べれず。久々に冷凍庫に入れていたのを食べたら…
「あれ?栗FLAVORがすっごくする」
トースターで焼かずともカリカリだし。WHY?
結果、悪くなかった。



絵本からうまれたおいしいレシピ2~絵本とお菓子の幸せな関係~ (emook)絵本からうまれたおいしいレシピ2~絵本とお菓子の幸せな関係~ (emook)
(2005/08/29)
きむら かよ、晶子 他

商品詳細を見る

10 29, 2012 | Posted in 夢日記 | Thema 心と身体 » 夢日記

トイレの大きな鏡に映っている鏡(正面にある)だったか…うろ覚えだが、そこに口、鼻、目…と徐々に顔が出てくる。簡単な線画で描いたような絵。それが、意地悪いいやらしい感じでわたしを見ていた。

仁丹がつるっと喉に入り、必死に吐き出す。

久々にストーリー性のあるいやな夢を見たのに、ほぼ忘れる。覚えていた箇所だけ書いた。

パン粉でショートブレッド

10 25, 2012 | Posted in 作った

ココアメロン湯だねパンの残り+全粒粉を使ってショートブレッド。
全部の材料をFPでぐるぐる。簡単だ…が!生地を寝かせる部分をCUTしたら、切るときモロモロ。寝かせる意味は、確かにあるのだね。
全然メロンパンに手が伸びず、もうBREAKFASTにFLOURはいらないか?と思ったが、なかったらやはり欲した。クッキーを。それで、こないだのパンをFPでパン粉にしたものがあったので、それを使って作った。何て経済的。
寒くなってきたら、バナナなど、暑い時期には異様な量欲していたものを欲さなくなってきた。味わいながら観察しながら食べていると、このウン十年気付かなかったことにいろいろと気付かされて、おもしろい。
マクロビの陰陽の考え方は案外当たっているのかもしれない…などと思いつつ、今日のBREAKFASTを食べていた。冷え性のくせに冷えるものばかり(牛乳、バナナなど)欲するので、強烈な陽の焼き菓子系を体が欲するかもしれない。マクロビではそういう極端同士でバランスを取ろうとするのはよくないというが…。徐々にPERFECTな食事になっていけばいい。

msb.jpg
おいしかった。久々のしっかりしたのバターの風味。それがよかった。モロモロだけど何とか持てる程度。

ココアメロン湯だねパン

10 19, 2012 | Posted in 作った

「かんたん手ごねパン」のメロンパンのクッキー生地を、「湯だねでかんたん~」の全粒粉湯だねのパンにのせた。
栗ペーストは捏ねる前の粉の中へ入れた。湯だねパンの生地はすぐまとまるのだが、ちょっとまとまりづらかった気がする。味見したら結構な栗味。
クッキー生地の小麦粉の1割程度をココアに置き換えた。かなり濃そう。
以前のバキバキに割れたクッキー生地のメロンパンと違い、それなりに出来上がる。
母はまたすぐ食べ、
「ぼろぼろやったで」
と言った。時間が経つと落ち着くか。

cmyb.jpg
まったくぼろぼろじゃなかった。寧ろ、市販のメロンパンよりしっとり。やはりケーキにしろパンにしろ、ある程度待たないと完成じゃないのか。例外もあるけれど。
あ~すばらしい出来。生地に栗を練りこんだり、ココア味のクッキーにしたり、余計なオリジナリティーを盛り込まずにいられない癖が災いするか?と思っていたら、すべてがうまくいった。
まず湯だねパンのモチモチしっとりしていて目がつまり気味な感じが、市販のメロンパンのあのスカスカなふわふわなパンを「食べる意味なし」と思っていたわたしにはちょうどよかった(まずクッキー生地を食べてから、しょうがなくパンを食べていた)。
上のクッキー生地はやはり濃い味で、ココアをもっと少なくしてもよかった気がしたが、おいしいはおいしい。砂糖は7割ほどに減らしてちょうどいい。厚さもちょうどいい。市販のメロンパンもこういうしっかり食べ応えのあるパンにすればいいのに。
栗のFLAVORは…あまり感じず。というか、パンだけ単体で殆ど食べてない。あまりにクッキー生地とパンのコンビが素晴らしすぎて、パンだけ食べるのが勿体無くて…。
あ~菓子パン最高。

店で売ってるメロンパンをあらためて見たら、クッキー生地が薄かった。
湯だねパンの作り方がダメだったのかもしれない。やはり栗ペーストを入れるのは、ちょっと捏ねたあとのほうがよかったのかもしれない。そうしたらパンがもっと膨らんで、クッキー生地もそれに引っ張られて薄くなったのかもしれない。
でもこの目詰まり感、濃さは好きだけど。




かんたん手ごねパン―2つの生地だけで人気のパンが全部できた!かんたん手ごねパン―2つの生地だけで人気のパンが全部できた!
(2010/02)
坂田 阿希子

商品詳細を見る

湯だねでかんたん焼きたてパン―はじめてでも60分でパンが作れる (主婦の友生活シリーズ)湯だねでかんたん焼きたてパン―はじめてでも60分でパンが作れる (主婦の友生活シリーズ)
(2006/03/01)
竹野 豊子

商品詳細を見る

セーター

10 19, 2012 | Posted in 夢日記 | Thema 心と身体 » 夢日記

嵐の相葉くんがコンサートで客とじゃんけんをして、優勝した人に毛糸をプレゼントする。優勝したのは50代くらいの女性で、その女性はその毛糸でセーターをたくさん編むのだが、編まれたセーターのすべての、どこかしらに穴が開いていた。

大事なものを見張っているわたし。でもそれを俯瞰して見ているわたしもまた別にいた。
俯瞰されているほうのわたしがちょっとどこかへ行って部屋へ戻ると、女性のリオのカーニバルの格好をした男が部屋から出てくる。追いかけるわたし。

宮本くん

10 17, 2012 | Posted in 夢日記 | Thema 心と身体 » 夢日記

アメリカのドラマにエレカシの宮本くんが出てくる。主役がリアルな野外コンサートに行くのだが、そのとき演奏していたのがちょうどエレカシだったのだ。主役の演技のうしろで宮本君の歌声。エレカシはアメリカで売れてきているという。
何故か公園でテント生活をしている宮本くんに、日本のTVがアポなしでインタヴューに行く。インタビュアーは芸人っぽい。突然の無礼な訪問に怒っていた宮本くん。
そのTVクルーの中に何故か金剛地武志氏。わたしは「金剛地武志でなくコンゴウチタケシにすればもっと売れるのに」と思っていた。

久々にストーリー性のある夢。久々に覚えていた。

くっつき虫

10 16, 2012 | Posted in 夢日記 | Thema 心と身体 » 夢日記

ものすごく高いビルディングの階段を、大勢の人が屋上を目指して一心に登っている。
屋上には人が既にたくさんいて、みなが怖ろしく素晴らしい夕焼けだか朝焼けだかを見ている。わたしも
「あ、すごい」
と一瞬思ったが、ひとりすぐ降りる。他の人々は感慨に耽っている感じ。中に伊勢谷ユウスケがいた感じ。

ピンポンピンポンと、うちのインターフォンを連打する人がいる。犯人は小学生の男児で、体中にくっつき虫をつけていて、それを取って欲しいという用件で来たらしい。今にも泣きそうで、パニック寸前な感じ。母が取ってあげていた。

フランス栗ームパン

10 16, 2012 | Posted in 作った

「かんたん手ごねパン」のフランスあんぱんのあんこを栗ペーストに代えて。
シンプルな作り方&材料の栗ペーストが実においしい。栗ってあんまり自己主張しないかな?と思っていたが、出来上がってみれば、THE 栗!
くどいパン(卵やバター入り)はイヤだったので、以前おいしかった記憶のあるフランスパン生地で。
6個のうち、焼いている間に1個完全に中味が出て、2個ほど出そうになってたが、今までの餡入りパンの中でも悪くない出来。
今回、水の量がPERFECTだったのでPERFECTな生地が仕上がる。少し高めの温度のお湯にイースト菌を入れたら、普通に膨らんだ。イーストくんは、まだまだ元気そうだ。
パン作りってこんなに簡単だったっけ?もう脳に体に、パン作りのコツが刻みこまれたのか?
でも相変わらず餡入りパンの包み方はヘタだ。まだここにsubjectがあった。


fmb.jpg

地味ッ!!
栗ペーストは、生地に混ぜ込むとかクリームに混ぜ込むとかしたほうがいいと思った。ただ栗なだけでした。生クリームと混ぜたら極上だったかもしれない。
母が結構ガツガツいっていたので、ちょっと期待しすぎていた。
パンは完璧!!!イースト菌って案外丈夫。



かんたん手ごねパン―2つの生地だけで人気のパンが全部できた!かんたん手ごねパン―2つの生地だけで人気のパンが全部できた!
(2010/02)
坂田 阿希子

商品詳細を見る

シナモンマーブルケーキ

10 14, 2012 | Posted in 作った

「たかこ焼菓子店のシンプルおうち菓子レシピ」よりシナモンマーブルケーキ。
シナモン風味のチーズケーキ。
サワークリームの代わりにヨーグルト(水切りなし)にしたからか、50分焼いてもまだ中央部分が見るからに生。だので、プラス10分くらい焼いて、その後そのまま15分ほど扉を閉めたまま放置した。
見た目は美しい。ちゃんと白と茶色の二色になっている。
また生クリーム代わりにMOWを使う。そして砂糖は1/6くらいに減らす。
前回、ボトムなしだったら軽すぎた気がしたので、今回またレモンのパヴェ(by だからクッキーが大好き―My favorite cookies (Gakken hit mook))の土台を使う。ほんとうに重宝している。

cinnamon_marble_cc.jpg
ボトムが思った以上に分厚かった。タダイマ胃もたれ中なので少ししか食べれてないけれど、確実に◎。ボトムの油分が多すぎたか、ボロボロ。
マーブル模様はほぼなし。


たかこ焼菓子店のシンプルおうち菓子レシピたかこ焼菓子店のシンプルおうち菓子レシピ
(2011/04/15)
稲田 多佳子

商品詳細を見る

フレンチトースト

10 12, 2012 | Posted in 作った

fernch_toast.jpg

NHK「グレーテルのかまど」を参考にフレンチトースト。普通にフライパンだけで焼いた。
以前から作りたいと思っていたフレンチトーストを遂に。オレンジジュースヴァージョンも作りたい。
ケンタロウのハワイが好き!のんびりしあわせ一皿レシピ (講談社のお料理BOOK)にもいろいろなフレンチトーストが載っていたので、試したい。
自家製バゲットだし日にちも経ってないので、2時間だけ漬ける。ちょうどよかった。一晩漬けてたらぐじゃぐじゃだったかもしれない。
あ~こんなにおいしいなんて!!!
久々に食べた自家製のパンのおいしさに久々に強い感動を覚えて、またこれに同じくらいの感動を覚えた。パンがこんなにわたしを感動させるとは!
でも「何だかおかずっぽい?」と思った。そうだ玉子焼きだ。噛み応えのある大きい玉子焼き。玉子焼きがないと生きていけない人間には◎。フレンチトーストを、もっとシャレたくどいものとIMAGEしていたが、日本っぽいと言えなくもない親しみやすさがあるし(玉子焼き目線で見れば)、全然くどくなかった。
初フレンチトーストだが100点。
グレかまの分量で上からはちみつを少しかけた。


cca_ft.jpg

ココアヴァージョン(同量のお湯で練ったココアを少量混ぜる)もイケる(ケンタロウ氏の↑の本を参考)。でもやっぱりおかずだ。

バゲット

10 09, 2012 | Posted in 作った

「お店みたいなおうちパン」よりバゲット。
口が久々にパンモードになっているので作った。
ほぼ死んでると思われる大昔のイースト菌を使う。40℃弱のお湯で目覚めさせようとしたが、反応はいまひとつ。
水が多くまとまりにくく、久々にパン作りの難儀さに直面す。
ベタベタに手に付きながら頑張って丸め、一次発酵。1時間ほど発酵した生地は、ゆるゆるしまりがない。発酵チェックをしたら、まあまあ大丈夫そうだったので、そのまま先を続ける。
クープが浅すぎたけれど、不安なスタート時から考えればかなり上等。普通にちゃんと仕上がる。
焼きたては石の如くカッチカチ、少し経ったらちゃんとパンらしい柔らかさになっていた。
硬さ、匂いから、多分OK。パン作りはやっぱりEXCITING。お菓子作りなんか比じゃない。時間がかかるけれど、久々に作ってみて、その面白さ奥深さに改めて気付かされる。やっぱり最終的にはパンかもしれない。純粋な粉ものにあとから何かをつける、というほうが性に合っている気がする。

baguet.jpg
おいしい!!!
甚だしく。ほんとうにパリッパリ。当たりまえだけど、本どおりに作るとちゃんとバゲットが出来ることに感動。上にバターとはちみつを薄く塗る。
母も珍しく自ら「おいしい」と言ってきた。でもわたしの「トースターでカリッカリに焼いてね」という言葉を無視してそのまま食べ、「ふにゃふにゃがええねん」と言った。普段カリカリ好きなくせに。意味不明。



お店みたいなおうちパン―2種類の生地で45種類のパン 焼き上がりに差がつくコツがいっぱい! (主婦の友αブックス)お店みたいなおうちパン―2種類の生地で45種類のパン 焼き上がりに差がつくコツがいっぱい! (主婦の友αブックス)
(2010/05/28)
藤田 千秋

商品詳細を見る

ビスケット

10 05, 2012 | Posted in 作った

自家製ミックス粉でつくる~」よりビスケット。
もしかしてわたしの欲しているものはビスケットじゃあるまいか?と思い始めているのだが、ビスケットとスコーンの違いって何?状態なので、今までメモした内のビスケットをいろいろ作ってみようと思い、今回はこの本から作った。
ビスケットとは、
100%薄力粉なことが多いスコーンと違い、強力粉との半々が多い。
卵を入れず、ヨーグルトor牛乳の水分だけで作る、
塩を多めにいれ、砂糖はほんの少しか若しくは入れない。

といったところか。
前回のカリフォルニアばあさんの料理帖ではヨーグルトだったのが、この本では牛乳になったくらいの違い。大体同じ分量であった。
母がカリカリが好きなので、牛乳を半分くらいに押さえ、100%バターだとくどい気がしたので2割をオリーブオイルに置き換えた。180度で16分焼いた時点でまったく白かったので、210度に上げ、焼き色がつくまで10分以上焼いたかもしれない。
オリーブオイルのせいか?分厚くしすぎてしまったからか?理由は不明。
今回も上々な出来だぜ!な気分でいたら、母がまた
「硬くてポロポロ」
と言い放った。どないやッ!硬いのが好きなんじゃあないのか!意味フメ。次回は分量どおりの水分にしてみよう。

mix_bis.jpg
完璧!!
全然ポロポロしていない。寧ろしっとり寄り。バウムクーヘンのように、好きな部分の層をめくって食べれる感じ。それくらいしっかりとしている。
RICHでよいのだけど、わたしはもうちょっとだけサッパリが好きかもしれない。前回のカリフォルニアばあさん~ぐらいに。
求めていた理想の朝の粉ものかもしれない。甘味のほぼないこれを食べておいしかったので、どんどん甘味なしの方向へ行きそうだ。パンとかの方へ。久々のパン欲。カリッカリのバゲットに、この間の残りのクリームチーズとはちみつをかけたりなんかしたくなってきた。




自家製ミックス粉でつくる、なつかしいママの味―粉もの大好き! (MARBLE BOOKS)自家製ミックス粉でつくる、なつかしいママの味―粉もの大好き! (MARBLE BOOKS)
(2010/09)
田内 しょうこ

商品詳細を見る

Next Page »

RSS
プロフィール

Author:cuur
大阪在住/女/双子座/B型

趣味:
読書/占い/英語/クッキー作り

リンク
アーカイヴ
カテゴリ
検索フォーム
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
訪問者