FC2ブログ

加賀谷さん

02 27, 2013 | Posted in ふつうの日記 | Thema 心と身体 » ひとりごと

昨日のBS11のインサイドアウトという番組の「ひとものがたり」というコーナーに松本ハウス。
何となく録ったのを見始めたら、見入ってしまった。ハウス加賀屋さん、何て流暢に喋るのだろう。統合失調症らしいのだけれど、ものすごく頭がいい人に感じた。
中学卒業したらホームレスになる気らしかったのだけれど、無理矢理ミッション系の高校を受験させられ、答案用紙をほぼ白紙で出して落ちる気満々でいたら、国語のテストで小論文だけちょちょっと書いたら、それがよかったのか?補欠合格…と聞いて、その論文を読みたくなった。きっと落とすには惜しい文才があったんだろう。だって、こんなにも人をひきつける語り方。
この番組の堅さとのギャップがちょっと面白かった。
そして、何故かすごくガタイがいい。
久々に心底から応援したい人であった。

Twitterでつぶやこうかと思ったが、ほぼつぶやかないのに何故かフォローしてくださる人がいて、返事されるとちょっと困るのでここへ。結局、字数が多くて収まらなかっただろうけど。相変わらず閉じている。
最近夢より現実なので、これからここにはこういうつぶやきを書こうかしらん?

ダクワース

02 23, 2013 | Posted in 食べた&飲んだ

以前から気になっていた某通信販売のダクワース。先日母が急に「これ頼もう」と言い出して嬉しかった。
昨日、来たものを食べたら、ガックリ!いや、まずくはないけれど、予想していたのと逆の食感だったのでビックリ。見た目からしてlightでサックリの極みかと思っていたのに、意外にねっちょり感を含む食感だったので。
いろんなものの入ったセットを頼んだのだけど、意外に普通のウエハースはおいしかった。自画自賛だが、わたしの作ったチョコチップクッキーのほうが勝っていた

昨日、歯医者で週刊新潮の『裕木奈江「たった一人でロスにてお菓子作り」』だけ読む。お菓子作りをBLOGに書くのはそんなにも悲哀感漂うのかと。
明るいお菓子作りのBLOGはごまんとある。他人のお菓子作りのBLOGって大体happyな感じがする
わたしのBLOGは若干の悲哀感が漂っているかもしれない。悲哀を紛らす為に作っている部分もあるから。単純に「うわ、よく出来た」というノリのときもあるけれど。

デ・キリコ

02 22, 2013 | Posted in 夢日記 | Thema 心と身体 » 夢日記

キャロル・アドリエンヌの「生きる意味」を寝る前に読んで、久々にまた夢に意味を求めつつ寝た。わたしの本当に欲することは何なのかと。そして見た夢。

誰かの家に勝手に忍び込む。普通の一戸建ての二階。そこにキャンバスの張られていない木枠があって、わたしはそれにキャンバスを張る。何かを描こうとして張ってみたら既に描いてあったのか、自分で描いたのかは不明だが、そのキャンバスにはデ・キリコ風の、顔の描かれていない人間のようなものが3体くらい描かれていた。
と、そこへその家の住人の40代くらいの主婦らしき人があらわれる。追いかけられる。ものすごく軽々と二階から下へ降りるわたし。多分逃げおおせたけれども、ものすごく罪悪感を感じた。

久々に意味不明。でも何となく意味ありげ。

チョコチップクッキー

02 21, 2013 | Posted in 作った

「カリフォルニアばあさん~」よりチョコチップクッキー。
バターの半分強を菜種油に、チョコとくるみはほんの少し少なめに。
あ~前回のマフィンで「卵を入れないほうが消化にいい?」と思っていたのに、うっかりまた卵を使ってしまった。出来上がったのをつまみ食いしてそれに気付いた。
でもチョコとくるみがゴロゴロの見た目は食欲をそそる。カリフォルニア~は今までハズレなしなので多分おいしい。

cc_wn_cookie.jpg

とてもおいしい!卵入り、正解。
カリフォルニア~も今までハズレなし。

完成度高し。BPの代わりに重曹を入れるのだが、それがいい味出している。重曹好きなのかもしれない。以前作った重曹入りのSCONEも好きだったし。




カリフォルニアばあさんの料理帖カリフォルニアばあさんの料理帖
(2009/08/25)
レイ 久子、chiblits 他

商品詳細を見る

キャラメルクロッカン

02 16, 2013 | Posted in 食べた&飲んだ

nature_shiromoto.jpg

ナチュールシロモトのキャラメルクロッカンというsweetsを食べた。父がValentain's Dayに貰ってきたもの。
以前クロッカンを作ったことがあるので、ああいうナッツと砂糖で作るカリッカリのものを想像していたら、見た目はトリュフチョコのよう。↑これ(やや茶色みがかったチョココーティング)と黒いチョココーティングのとホワイトチョココーティングのものが入っていた。黒と白は未食。
なーんてぇぇぇおいしぃぃのぉぉぉ!!!
と心で呟いた。それほどに久々に、sweetsでこんなにもexite。キャラメル+チョコ←悪魔or麻薬。
上がキャラメルで下はナッツ入りのザクザクしたcookie生地。それがチョコでコーティングされているんだから、おいしいに決まっている。ズルい。しかもひとつが大きい。ひとつ200円以上というのも頷ける。
まだ黒と白ひとつずつある。あ~楽しみだ。

黒と白も食べた。黒がちょっと苦めで白がちょっとマイルド…なような気がしたようなしないような、ほぼ一緒。あ~幸せな時間であった。

チョコレート&ジンジャーマフィン

02 13, 2013 | Posted in 作った

白崎さんのスコーンを焼こうと思ったが、「暮らしの手帖58号」のなかしましほさんの「チョコレート&ジンジャーマフィン」の魅力に負け…。
20分焼くのだけど、10分過ぎても写真のようにガッツリパックリ割れ目が出来ておらず、「アレ?」と思ったが、どっかへ入って20分過ぎて戻ってくると、ガッツリパックリ割れて膨らんでいた。作り物みたいに美しい。
生の生地を味見したけど、かなり濃そう。
久々にsweetsに卵を入れた気がする。

cg_m.jpg
生姜が効きすぎている!というのがfirst impression。匂いからだけでもその生姜の効き具合は想像出来ていたが。生姜の絞り汁の量は、半分で丁度良かったかもしれない。というか、わたしには生姜は合わないのかもしれない。いや、sweets+生姜というcombinationがわたしには合わないのかもしれない。
卵入りだからか、やや混ぜすぎたからか、油分が少なめだったからか、予想通りのheavyな仕上がり。前回のmuffin(白崎さんの)が、いままで食べた中でも一番にふわっふわだったので、対照的。この目詰まり感は嫌いじゃない。
でも久々の胃もたれ。muffinとして全然落ち度はないが、わたしの舌と胃にはちょっと合わなかった。

2月19日。
段々好きになってきた。gingerの風味がイヤじゃなくなってきた。




暮しの手帖 2012年 06月号 [雑誌]暮しの手帖 2012年 06月号 [雑誌]
(2012/05/25)
不明

商品詳細を見る

極上豆腐

02 11, 2013 | Posted in 夢日記 | Thema 心と身体 » 夢日記

桁外れの大金持ちたち何人かで作った究極の豆腐というものが売られていて、店の前には常に怖ろしいほどの長蛇の列ができている。そこに並ぶ。

単に昨日TVで豆腐と長蛇の列を見て、その影響であろうと思われる夢。単純。昨晩は、最近でももっともheavyにnegativeっていた夜だので、見るとしたら相当heavyな夢を見るだろうとおもっていたのに…。実際見たのは豆腐と長蛇の列というどうでもいい内容。心底では意外に悩みのほうがどうでもよかったのかもしれない。分からんものだねぇ。

黒糖くるみスコーン

02 09, 2013 | Posted in 作った

「暮らしの手帖58号」より、なかしましほさんの「黒糖くるみスコーン」。
上にのせて焼かれた黒糖がいかにもおいしそうな写真を見て惹かれた。
ケーキのように放射状に切り、上にくるみを乗っけてショートケーキ風。
パックリは割れなかったが、層は出来ていてよい出来。
いままでのバターてんこ盛りスコーンの意味って…。
最近白崎さんにハマっていたが、なかしまさんのと比較してみたくなり作った。材料的には似ているので(乳化させるか否かの違いくらい?)。


bswn_sc.jpg
このスコーンの横についてるこの大きなくるみ(ローストした)を一口目に食べたら絶品!!!だったので、どれだけおいしいんだろう!!と本体を食べたら、くるみほどの感動はなかった。いや若干、ほんの若干「もっと水分を減らせばよかった」と思ったくらいで、出来自体は余裕の90点越えなのだけど。
sweetsを食べている罪悪感が皆無…な限りなくやさしい味。上の焦がし黒糖も思ったよりくどくなかった。
この次に白崎さんのを作って比べてみる。なかしまさんもさすがだなぁ。でも個人的には前の重曹の入った黒糖スコーンのほうが好み(これ、確かなかしまさんのレシピだった気がするけれど、定かではない)。重曹flavorが好きみたい。





暮しの手帖 2012年 06月号 [雑誌]暮しの手帖 2012年 06月号 [雑誌]
(2012/05/25)
不明

商品詳細を見る

スーパー銭湯

02 06, 2013 | Posted in 夢日記 | Thema 心と身体 » 夢日記

巨大な銭湯。森三中の黒沢さんとともに入った気がする。そこには夥しい数のシャンプーが並べられていて、どれを使ってもいいようになっていた。わたしは椿油入りのを選んでいた。
そこにいたおじいさんが、昔火縄銃を使っていた前世を急に思い出し、そのことについてひとりで喋っていた。「ああ、思い出した…」みたいに。

全粒パンケーキ

02 04, 2013 | Posted in 作った

「かんたんお菓子」の全粒パンケーキを、今度はちゃんと作った。
結構ドロッとした生地、いい具合の厚み。でもまた火が小さかったみたい。焼き色が薄い。
モッチモチ。粉のflavorをビンビンに感ずる。simple。砂糖も入っていないし。嫌いじゃないかもしれない。でも何となく、他の小麦粉系sweetsより胃にモタレやすいような気がしなくも…。でも嫌いじゃない。いろんなvariationのパンケーキ(ハワイアン、若山さんの等々)を作りたい欲。でもすぐじゃない気がする。




かんたんお菓子: なつかしくてあたらしい、白崎茶会のオーガニックレシピかんたんお菓子: なつかしくてあたらしい、白崎茶会のオーガニックレシピ
(2012/09/28)
白崎裕子

商品詳細を見る

Next Page »

RSS
プロフィール

Author:cuur
大阪在住/女/双子座/B型

趣味:
読書/占い/英語/クッキー作り

リンク
アーカイヴ
カテゴリ
検索フォーム
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
訪問者