FC2ブログ

80%回復?

05 31, 2013 | Posted in 健康 | Thema 心と身体 » 健康

「きょうの毒出し」の作り方でチャパティを作った。
ごちゃごちゃ食べていたものをやめ、ホットミルク、チャパティ、ナッツだけの朝食にしてみた。久々にだるさのない朝を過ごすことが出来た。やはり原因は「毒」だったのか?
ヨーグルト、精白した穀物、コーヒー、バナナ…アーユルヴェーダで悪いとされているものを悉く好きなわたし(今朝のチャパティーによくないとされるピーナッツバターを塗ってしまったが)。
昨日は尋常でないダルさに襲われて、ゆえに昨晩は真剣に食について考えて、そして
「低血糖」
「アーユルヴェーダ的に毒なモノ」
に原因があるんじゃないか?と仮定して、朝食をこのmenuにしてみたらいきなりのスッキリ。
でもお通じはないけれど…。

昨晩、100%炭水化物をやめたら体が気持ち悪くなって頭痛もしていたので、低血糖なら糖分を摂ればおさまる筈と、豆乳に黒糖を溶かしたものを飲んでみたら、体調がよくなった。
これにより、いままで良質の糖質が足りなかった可能性が高まって、今日ほぼ糖質(良質の!)の朝食にしたら体調の回復によってその可能性が益々高まったので、いままで無理矢理炭水化物を排斥していた生活にオサラバ出来ると思うと嬉しい。
だって、ほんとうは食べたかったのだ、炭水化物を思いっきり。母の山盛りのごはんを見て常々羨ましく思っていた。
欲で食べたいものと体が欲するものを見極めるのが難しいので、とりあえず先人の知恵を借りて、低血糖症やアーユルヴェーダの本で研究していく。




きょうの毒出しきょうの毒出し
(2012/07/27)
蓮村 誠

商品詳細を見る

チャパティ

05 31, 2013 | Posted in 作った

「きょうの毒だし」よりチャパティ。
料理本じゃないけれど、そこに載っていた作り方で作る。
simple!作り方も味も。なのにこんなにもおいしい!ピーナッツバターを薄く塗った、それだけで至福。
ギーの代わりにバターと菜種オイル。ほんとうは全粒粉100%だけれど、もったいないので3割ほど薄力粉にして、生地は一晩寝かせた。



きょうの毒出しきょうの毒出し
(2012/07/27)
蓮村 誠

商品詳細を見る

チョコチップスコーン

05 28, 2013 | Posted in 作った

「卵と乳製品を使わない~」のプレーンスコーンに砕いた板チョコを入れたもの。
「洗双糖シロップ」というものを使うのだが、そのシロップを使ったものを一度作ったことがある。その素朴な味がわたしは嫌いじゃなかったが、母には合わなかった。
今回母に何も言わずに食べてもらって、何と言うか?

12分焼いた時点で真っ白だったので、180度から210度に上げて9分、total20分ほど焼く。

ps_cc.jpg
何だ?この完成度は!まるでホットケーキミックスを使ったみたいだ。まるでバターを使ったみたいだ(薄力粉と油のみ)。
砂糖の量もperfect。チョコの量も。
高温で焼いてから少し温度を下げる焼き方はあるけれど、こんな風に低温から高温にしても、外はカリッと中は少しふわっとなperfectなsconeに仕上がるのか!
ただの偶然だが、母もパクパク食べて「硬いし、チョコが入っていて良い」的なコメントをくれた。
今度この洗双糖シロップを使ったものを作るときは、高温から低温patternでnormalに焼いてみたい。



1day sweets 卵と乳製品を使わない からだにやさしい焼き菓子レシピ55 (朝日オリジナル)1day sweets 卵と乳製品を使わない からだにやさしい焼き菓子レシピ55 (朝日オリジナル)
(2011/04/15)
Khanam(カナム)

商品詳細を見る

50%くらい回復?

05 27, 2013 | Posted in 健康 | Thema 心と身体 » 健康

不気味なダルさが20日も続いて大病じゃないかと思ったけれど、徐々に回復しつつある、気がする。
昨日「医者いらず~」を読んで、もしかしたら、急に人生が楽しくなりすぎて気持ちが高ぶりすぎて交感神経が優位になりすぎて、それでおかしくなったのかもしれない、と思い始めている。
プラス、あまりに乳製品を、砂糖・塩を摂りすぎていたかもしれないと思い、今日はフルーツと牛乳少な目のカフェオレとナッツとミネラルウォーター(いつもは白湯)だけにしてみて、食後思いっきり横になってみた。ら、かなり良い状態。
今までどっちかというと副交感神経優位人間だった。のに、急に怖ろしくhigh tensionになったので、体(or心?)がpanicを起こしたのかもしれない。
体って面白い←ってもう分かったつもりだが、まだ予断は許さない状態。
ともかくだるんだるんに暮らしてみる。

船井氏の提唱する腕振り運動を150回、昨晩と今朝、やってみた。ほんとうはもっとすべきなのだけれど、体力がないので、はじめはこれくらいに。
これも効を奏した?
ともかく、!と思ったものは試してみる。





医者いらず老い知らずの生き方医者いらず老い知らずの生き方
(2006/12)
安保 徹、船井 幸雄 他

商品詳細を見る

食後の?不気味なダルさ

05 23, 2013 | Posted in 健康 | Thema 心と身体 » 健康

不気味なダルさ続行中。もう2週間以上も続いている。これは明らかに異常だ!
と不安だったが、よく観察すると、朝食を摂るまではやはりハッキリとしたダルさはない。
これは「低血糖症」かもしれない。これからGI値の高いものは摂らないようにしてみる。
糖質とコーヒーの組み合わせも良くないらしいので、これも避けてみる。
いままで大丈夫だったのが、寝不足が続いたある日を境にこうなった。内臓が弱ったからか。わたしの好きなものがほぼダメ…という厳しい現実。

ビスケット

05 22, 2013 | Posted in 作った

「自家製グラノーラと~」よりビスケット。本ではあとに&グレーヴィがつくのだけれど、スウィーツとして。
食事日記を読み返すと、ビスケットが一番性に合っているようなのでまた作る。
暑いからか、混ぜ方か、水分の量か分からないが(減らしたけれども)、やはりまたゆるめの生地。辛うじて狼の口は出来たけれども、100点とはいえない。

写真を撮るのを完璧に忘れていた!体調が悪くそれどころじゃなかったっていうのもある。
普通にビスケット。
少し砂糖を入れるので、何もつけなくても食べられないことはない。




自家製グラノーラと朝の焼き菓子自家製グラノーラと朝の焼き菓子
(2012/09/07)
原 亜樹子

商品詳細を見る

シンプル蒸しパン

05 18, 2013 | Posted in 作った

「材料7つで作る~」よりシンプル蒸しパン。
水と牛乳半々くらいで作る、卵なしの蒸しパンを作る。
蒸す前の生地の甘さよッ!!蒸しパンのレシピはどうしていつもこんなに砂糖が多いのか!半分の量にしたのにこの甘さ!!じゃないと膨らまないのか?
粉の5%をすりゴマに。たったこれだけでもしっかりとゴマflavor。ゴマは鉄分があるというので(貧血っぽいので)、またimpulsivelyに入れた。
蒸したてを味見。甘味が抑えられている気がする。

sb_hukuda.jpg
ポロポロ!の極み。でも甘さが「寧ろ甘さがないlevel」になっていたのには驚いた。甘さは丁度いい。
上品過ぎる。やっぱりわたしはsconeやパン派かもしれない。水分を含めば含むほど、ひかれる度合いが低くなる気がする。
これにskippyのチャンク入りピーナツバターをつけて食べた。
skippyのピーバタはネ申ですね。





材料7つで作るおやつの本材料7つで作るおやつの本
(2012/09/25)
福田 淳子

商品詳細を見る

不気味なダルさと太陽

05 18, 2013 | Posted in 健康 | Thema 心と身体 » 健康

昨日、不気味なダルさについて書いたけれども、やっぱり全然回復していない。一日中平気で寝ていられるくらいダルい。
「ダルさ 霊」などという怪しい言葉で検索してみたら、とあるBLOGに行き着いて、そこには
「太陽の黒点の異常増加とダルさの関連性」
について書かれてあった。
重病かもしれない可能性から目を背けたくてこんな検索をかけてみたけれども、そうしたら今日、太陽の大規模フレアが4回も発生したというNEWS。シンクロニシティ。毎朝太陽礼拝のヨーガを欠かさないのだけれど、だからこんな風にdirectに影響を受けたのか…などと。

疑っている重病のひとつは↓なのだけれど、だからこの本はとても気になる。
でも、生まれてきてからNo.1くらいに生きる意欲が漲っているのに、なぜだ?またunconsciousnessの仕業か?



がんを克服できる脳がんを克服できる脳
(2013/03/29)
苫米地 英人

商品詳細を見る

不気味なダルさ

05 17, 2013 | Posted in 健康 | Thema 心と身体 » 健康

もう10日以上、不気味なダルさが続いている。
最初はちょっとした寝不足からはじまり、日増しにダルさが増していった。昨日、朝食を抜いて一日ほぼ寝ていたら好転した。でもまだ本調子には遠い。
貧血が原因のダルさかと思い、マスチゲンをはじめて飲んでみたが、単に血管が浮き出ただけのような気がする。ダルさは劇的には治らない。
もしかしたら朝食が原因なのかもしれない。2回朝食を抜いたら、その2回だけ好転したから。朝食自体か、はたまた朝食の内容が原因か、は分からないが。
大好きなヨーグルト、豆乳、牛乳、シリアル、フルーツ…などなどを断念しなくてはならないのはイヤ!!あまりに毎日毎日僕らは鉄板の…いや毎日同じものを食べ続けていたから、それに対して体が拒絶反応を出し始めたのだろうか?
そういえば、今まで大好物だったもので今は見向きもしなくなったものがいくつかある。

眼帯

05 13, 2013 | Posted in 夢日記 | Thema 心と身体 » 夢日記

地下街のようなところで、青いジャージの上下を着た、右目に黒い眼帯をした、50代後半くらいの怪しいおじさんに追いかけられ続ける。髪は1:9分けだったか。
どこまで逃げても逃げ切れないと観念して、最後は立ち止まり、
「もう好きにして!」
という居直り方をしたら、(納得したような顔をして?)きびすを返して立ち去った。

同じく地下街のようなところで、ジェットコースタやらその他遊園地にあるアトラクションのようなものが同時に3つくらいぐるんぐるん回っている。ともかく騒々しいし怖い。近いうちに事故が起きる確率の高いことを確信した。

起きる直前、占い師のような人に(姿はなく声だけ)
「自由を愛する人種だ」
「でもそれで幸せになる確率は0勝3敗だ」
みたいなことを言われる。

follifollie

05 08, 2013 | Posted in 夢日記 | Thema 心と身体 » 夢日記

最近夢が存在感を増してきた。

follifollieの女社長だか何だかいう女性(50代くらいか)の家にお邪魔する。恐ろしく天井が高い。
余裕のある家具の配置。ダークブラウンのフローリングもどこか外国風でお洒落。

ジュディマリのYUKIとTAKUYAが、マンションの屋上から何かを落とす。誰かに対する何かの怒りをアピールする為。
マンションの住人には事前に了解を取ってから、その行為をしたらしい。

わたしの履いているスニーカーの底がほぼなくて、靴下も破れていて、足の裏がほぼ見えていた。

修学旅行

05 07, 2013 | Posted in 夢日記 | Thema 心と身体 » 夢日記

修学旅行の集合時間ギリギリに着くが、忘れ物を取りにまた家へ帰る。家は工場になっている。工場のさる従業員にハエがたかっていた。出発時間には間に合わない感じ。
工場の前で大橋トリオが落ち着いた様子で佇んでいた。

Kと話し合う。心が通い合うかに思えたが、「過去は過去、前を向いて行こう」とわたしが言いだすと、「それは許さない」と相変わらずobstinateなところを見せだした。

Next Page »

RSS
プロフィール

Author:cuur
大阪在住/女/双子座/B型

趣味:
読書/占い/英語/クッキー作り

リンク
アーカイヴ
カテゴリ
検索フォーム
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
訪問者