FC2ブログ
コーヒーマフィン
Tue.24.04.2012 Posted in 作った
cr_coffee_m.jpg

「ニューヨークスタイルの~」よりコーヒーマフィンのクランブルのせ。
大量のヨーグルトがあったので、コレを作ろうと思った。ヨーグルトじゃなく、サワークリームを入れるのだけど、水切りすればサワークリーム代わりになるだろうと。それに、バターをクリーム状にして作るマフィンも作りたかったので(いままでは溶かしバターばかり)。
上のクランブルはおまけ。同じ本のシナモンマフィンにかけるもの。
半分量をパウンド型で作った。ちょうどいい。
砂糖はレシピの半分強(半分量の半分強なので1/4強)。バランスをとってクランブルはレシピどおりに極甘なまま。
ヴァニラエクストラクトはないのでエッセンス。
焼き時間は37分。果たして…。

coffee_m_d.jpg
断面。
出来立ては「生焼けか?」と思うような部分もあったが、今日見たらちゃんと焼けた感じになっていた。
平野さんのrecipeはやはりバターがとても多い。多ければいいってわけじゃない。いや、SCONEやBISCUITは多い=美味しいだったけど、MUFFINはカリフォルニアばあさんやかたかこさんくらいがちょうどいいなぁ、わたしには。
意外にクランブルが食欲を湧かせた。
意外にコーヒーがいい感じの存在感だった。くどすぎず少なすぎず。
平野さんのMUFFINは、溶かしバターをバサーッと入れて混ぜるのと、ハンドミキサーでバターをクリーム状にして最後までHMでグルグル混ぜるのと2種類あったけど、これは後者。HMで「大丈夫か?」ってくらい混ぜてしまったけど、焼く段階になってはじめて
「さっくり混ぜるのが多分基本なのに、こんなに混ぜて粘土状になりやしないか」
と気付いた。
やっぱりちょっと目が詰まっていてHEAVEYな気がする(バターの多さも手伝って?)。このHEAVYさを好む人もいるのだろう。
久々に胃もたれです。軟弱STOMACHです。

今日、健康STOMACKで、シリアルを少なめにしたら、普通に美味しくいただけた。単に体調とか気持ちで左右されるだけのこと、らしい。
こういうバターたっぷり甘味多目(本よりはかなり少ないけど)なものが、しみじみしみわたるときもあるの…だ。…って、へぇ(自分でも発見)。



ニューヨークスタイルのマフィンとスコーン、ビスケットニューヨークスタイルのマフィンとスコーン、ビスケット
(2010/11)
平野 顕子

商品詳細を見る

topBack to TOP