FC2ブログ

おばちゃん

06 17, 2009 | Posted in 夢日記 | Thema 心と身体 » 夢日記

太陽が急になくなって(何かに覆われる感じで)、
「危ない!早く避難して!」
というようなことを誰か(おばちゃんだったか?)に言われる。わたしはほんとに小さな石橋(地上から2メートル足らずの位置にあって、幅も50センチくらい)の下に隠れる。石橋の上にはおばちゃんがいて、危ない!と思う間もなく、雷(らしき衝撃)が、石橋に落ちる。橋はこなごなに崩壊。その瓦礫の中に息をしていないおばちゃんがいる。と、思ったらすぐ息を吹き返した。

« ドーナツ屋 トラ »

RSS
プロフィール

Author:cuur
大阪在住/女/双子座/B型

趣味:
読書/占い/英語/クッキー作り

リンク
アーカイヴ
カテゴリ
検索フォーム
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
訪問者