FC2ブログ

サル

07 29, 2009 | Posted in 夢日記 | Thema 心と身体 » 夢日記

映画のような、ドラマのような、長々と、ストーリー性のある夢。
財産目当てとか、成り上がり願望とか、そういう理由で、金持ちで楚々としている深窓の令嬢のような女性の両親を殺した男の私。女性は私がそんな人間とは知らずに私と付き合っている。結婚までいきそうな勢い。
周囲の人に気付きかれそうになるが、何とか切り抜ける。
しかし、ヒョロッと背の高い細い、何故かサルが人間になったという感じがした男が出てくると、物凄い恐怖を感じた。その男は何でも知っているという感じの存在で、二度出てきたんだけど、二度とも、ベレー帽みたいなヘンな帽子(長靴を逆に被っているような感じ?)を被って横向き(右側の顔が見えている)で遠くのほうからギョロッとこっちを見る、という登場のし方だった。
最初、その男が出てきたときも怖かったんだけど、「何とか切り抜けられた~」と安心してるときに出てきたときは、もう身の破滅、絶望という心持ちがした。
かくいう私も、サル仲間という感じだった。人間のフリをしてるけど実際はサル人間で、それも隠そうとしていた感じだった。

« 解体 マギー »

RSS
プロフィール

Author:cuur
大阪在住/女/双子座/B型

趣味:
読書/占い/英語/クッキー作り

リンク
アーカイヴ
カテゴリ
検索フォーム
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
訪問者