FC2ブログ

09 01, 2009 | Posted in 夢日記 | Thema 心と身体 » 夢日記

崖のようなところにいたら、崖の上から少女が降ってくる。というか、死んだ少女。少女はゾンビ化していて動く、話す。
なんだか分からないが急に、少女が着物を入れとく箪笥のようなものに一段一段バラバラに入れられる。上から顔だけ首だけという風に(ゾンビ化して動き回るのを防ぐためだったような?)。その上から三段目あたりの
「肉」
と筆文字で書かれた引き出しだけ前後逆に入れられていた(他は後ろ向きだとしたらそれだけ前向き)。それもまた呪いを封じ込めるためだったような。
でも結局少女は動きまわり、何だかんだ騒ぎを起こして、火事を起こしていた感じ。それをわたしが下のほうから(火事の起こっていたのは切り立った崖の上)放水して消していた感じ。

« 飛行機、スウェーデン人 スイス人の親子 »

RSS
プロフィール

Author:cuur
大阪在住/女/双子座/B型

趣味:
読書/占い/英語/クッキー作り

リンク
アーカイヴ
カテゴリ
検索フォーム
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
訪問者