FC2ブログ

デ・キリコ

02 22, 2013 | Posted in 夢日記 | Thema 心と身体 » 夢日記

キャロル・アドリエンヌの「生きる意味」を寝る前に読んで、久々にまた夢に意味を求めつつ寝た。わたしの本当に欲することは何なのかと。そして見た夢。

誰かの家に勝手に忍び込む。普通の一戸建ての二階。そこにキャンバスの張られていない木枠があって、わたしはそれにキャンバスを張る。何かを描こうとして張ってみたら既に描いてあったのか、自分で描いたのかは不明だが、そのキャンバスにはデ・キリコ風の、顔の描かれていない人間のようなものが3体くらい描かれていた。
と、そこへその家の住人の40代くらいの主婦らしき人があらわれる。追いかけられる。ものすごく軽々と二階から下へ降りるわたし。多分逃げおおせたけれども、ものすごく罪悪感を感じた。

久々に意味不明。でも何となく意味ありげ。

« ダクワース チョコチップクッキー »

RSS
プロフィール

Author:cuur
大阪在住/女/双子座/B型

趣味:
読書/占い/英語/クッキー作り

リンク
アーカイヴ
カテゴリ
検索フォーム
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
訪問者